2019.01.15 Tuesday 22:24
2016年にツイッターで「野菜の短歌」として投稿した4首に新作をプラスして、「Wonderful Vegetables(素晴らしき野菜たち)」という連作にして、noteはてなの短歌ブログに公開しています。

■【連作短歌】Wonderful Vegetablesへのリンク


えーと自作解説というのは、こういう世界では「野暮だ」「読者の連想を妨げる」として嫌われがちだけど、私はしゃべりたくて仕方ないので、書いちゃいます!

最初の4首は、ツイッターに投稿した時、クイズ形式にしたんですよね。
「この中で事実を基にして作られた短歌が一つだけあります。さて、事実はどれでしょう?」という。
答えは、「にんじんジュースに飛び込んで溺れた蠅がいる」でした。本当にいたんですよね。そんな間抜けな蠅が。
にんじんジュース、私は毎朝飲んでます(カゴメのですが)。

O157騒動でカイワレが野菜売り場から消えたのは、今調べたら平成8年でしたね。当時の菅直人厚生大臣がカイワレを頬張るパフォーマンス、今も覚えている人はいるでしょうか。

グリーンピースは、ずっと昔、家庭菜園で栽培していた時期がありました。そのときはたくさん採れたので、グリーンピースご飯だけでなく、ひすい煮にしたんですよね。グリーンピースのひすい煮、もちろん食べても美味しいけど、色がとても綺麗なんです。宝石みたい。
今は、グリーンピースは買わなきゃ手に入らないんだけど、結構お値段高めの食材なので、ひすい煮にするほどは買えません。ご飯に入れるだけですね。

キュウリは、私にとっては「特に味のない野菜」でした。
でも、子どもの頃、田舎の祖父母の家に遊びに行ったとき、家の裏でキュウリを栽培してたんですね。売り物のようにまっすぐに育ってはいないんだけど、もぎたてのキュウリはすっごくみずみずしくて、「キュウリってこんなに美味しいものだったのか!」と目から鱗でした。
あんなに美味しいキュウリは、あれ以来食べてません。

ニンニクは、料理に使うのは好きなんですが、聞くところによると、海外ではニンニクを生のまま丸かじりする文化もあるとか。
私も試しにひとかけら口に放り込んで、かじってみたんですけど、「ぐぅええええぇぇえええーー」となりました。口から火を噴くかと思うほど、刺激が強かったです。

そんな野菜への思いを、短歌にしてみたのがこの連作です。






| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(2) | trackbacks(0) |
2019.01.11 Friday 15:01
一つ前のエントリでお知らせした通り、以前作ったはてなの短歌ブログおよびnoteで、自作短歌の発表をしています。

特にnoteの方は、トップに写真を一枚載せられる仕様になっていたので、短歌のイメージに合う写真を選んで貼っています。
短歌のイメージに合う写真が見つからない時は、新たに撮影して掲載することに。写真選びや撮影、楽しんでやってます!

今のところnoteには、過去に発表した短歌作品を7つのエントリに分けて公開しています。

■2014年につくった短歌へのリンク

■2015年頃につくった短歌へのリンク

■2016年前半につくった短歌へのリンク

■【短歌】小さな手紙へのリンク

■2016年後半につくった短歌へのリンク(当ブログ未発表)

■【短歌】recurrence of cancer 2016へのリンク

■【連作短歌】蟹と闘うへのリンク


特に2016年後半につくった短歌は、Twitterで発表しただけで、まだこのブログにはまとめていなかったので、未読の方はぜひ一度覗いてみてください♪

その他の過去作品も、少し表現を変えたり、短歌の順番を並べ替えたり、なるべく読みやすいように工夫してみました。こちらも、写真を含めて見ていただけると嬉しいです。

今回、あえて収録しなかった過去作品は、「自分で納得いかないので落とした歌」と、「後日連作に使うつもりで取ってある歌」、両方あります。

これから先は、いよいよ未発表作品を公開していく予定です。
ぜひ一度(といわず、二度、三度でも)読んでくださいませ。
よろしくお願いしまーす。ぺこり。

 ←拍手はこちら




| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(6) | trackbacks(0) |
2019.01.02 Wednesday 21:00
年が明けましたね。
私は昨年末に親族が他界したばかりなので、一応喪中ということで、新年の挨拶は控えます。

昨年は、再発がんの治療で、いよいよ抗がん剤治療が始まって、発熱で入院して、それでもがんの肝転移は増大して、薬を変えてやっと効き目が現れて——本当に「一年なんとか生き延びた」って感じでした。

薬が経口抗がん剤に変わってからは、多少は外出イベントも楽しめるようになりました。
もう本当に、思い残すことはないよう、月並みだけど一日一日を大切に生きていきたいです。

心残りといえば、未発表短歌のことですね。 今はもう短歌を作ることはほとんどなく、それどころか短歌を読むのも無理になってきたんだけど。
それもこれも、一昨年にあった嫌がらせが原因なんですが……(過去記事「Twitterアカウント削除した経緯について」「いじめ/差別についての一考察」をご参照ください)。

かつては、当ブログの「短歌カテゴリ」で、お気に入り短歌の紹介もして、皆さんにも短歌を楽しんでほしい、という思いがあったんですが、今はそれも難しくなりました。

短歌の世界は、私が想像していたよりずっと陰惨な場所でした。
セクハラ・パワハラ・いじめや嫌がらせ等は、この社会のあらゆるところに存在する、とは思います。
といっても、私のように、ネットで作品を発表してるだけの無名人ですら執拗な嫌がらせをされるというのは、あまりにも異様だと感じました。
短歌の世界では、個人情報の取り扱いもズブズブみたいで。通販で同人誌を買ったりするだけでも、情報が漏れてストーカーが現れたりします。
特に女性は、私のように若くもなく美人でもない女ですら被害にあうくらいだから、誰がどういう被害にあってもおかしくないと思う。

参考までに、こんな記事もありました。
短歌の世界の沈黙について

だから、今の私に言えることは、短歌のコミュニティに近づくのは、くれぐれも気をつけてくださいね、ということしかないです。

というわけで、私の短歌熱はすっかり冷めてしまったけど、どういうわけか自分の短歌だけは、相変わらず好きなんですよね。
だから、やり残したことの後片付けという感じになりますが、今年はまた短歌の発表を再開しようと思ってます。

どうやら短歌の世界では、「紙の本で歌集を出してやっと一人前」という風習があるようですが、歌集というのは、自費で百万とか数十万とか払って、やっと出版できるらしいんです。
私なんかは、今はネットで発表できるのだから、わざわざ紙にこだわる必要もないんじゃないか、と思ってしまうんですが。
再発がんの治療中で、自分の最期のことも考えてて、「心残りのないように、やりたいことはできるだけ実現していきたい」と思ってる私ですら、「紙の本で歌集を出す」というのは、何度考えても「やりたいことリスト」のはるか下方にあるんです。

でも、「自作短歌の発表ができないまま」というのは、心残りではある。
話は長くなりましたが、そんなわけで、ネットでの自作短歌の発表を再開することにしました。

それに伴い、短歌用のペンネームも、「都樹野(つきの)ひかり」から「瑞木理央(みずき・りお)」に変更します。

2009年に当ブログを開設して以来、ずっと使ってきた「月ノヒカリ」というハンドルネームには愛着がありますが、短歌を発表するときは、やっぱり日本人っぽい漢字の筆名にしたかったんですよね。でも、「月野光」みたいな表記にすると、ホストクラブの社長のような人が検索でヒットするんです(涙)。
仕方ないので、苗字の方をゼッタイ誰も真似しないような漢字にしてみたのですが、いまひとつしっくりこない。
それに、できれば詩歌の世界では、私は「ひかり」という名を名乗りたくない、というこだわりもあります。これは、大岡信さんの「青年に」という詩(だから名乗るな、「わたしは光」と)に影響を受けたせいです(この詩に興味のある方は、ググれば出てくると思いますので、読んでみてください)。

光でなければ木になろう、というわけで、短歌を発表するときは「瑞木理央(みずき・りお)」というペンネームを名乗ることにしました。なんだか漫画のキャラみたいな名前ですが、もともと漫画やラノベ大好き人間なので、この趣味はもうしょうがないです。

ペンネームがそんなにいくつもあっていいの、と思われるかもしれませんが、敬愛する栗本薫だって、中島梓に円城寺麗花、ジュスティーヌ・セリエとかいろんな名前で活動してたんだから、別にいいよね。


そうそう、このエントリのタイトル「夢のなかでうたう」の意味ですが。
昨年のいつだったか、もう短歌を作らなくなって久しかったのに、なぜか「一生懸命短歌をつくっている」夢を見たのです。だいたい夢のなかのことは、起きたら忘れているものですが、このとき夢で作った短歌は、奇跡的に目が醒めた後も覚えていたんですよね。だから起きてすぐに、ノートにメモしました。

夢のなかで作ったのとは、一部表現を変えましたが、こんな感じの歌でした。
いっせいに菜の花たちの深呼吸だいじょうぶここで生きてゆけるよ

私も今しばらくは、ここで生きていこうと思います。

というわけで、以前はてなに作った短歌ブログの再始動と、新たにnoteも始めました。内容はまったく同じですが、noteの方には写真も一枚つけました(過去に撮りためた写真のなかから、短歌のイメージに合うものを選んでいます)。

■短歌ブログ「水の領域」へのリンク

■note(瑞木理央)へのリンク

もちろん全部無料ですが、noteでは木戸銭を送るシステムもあります。
まずは過去作品の収録から初めて、その後不定期で更新するつもりですが、よかったら両方覗いてみてください。

それでは、2019年が、皆様にとっても幸多き年になりますように。






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(4) | trackbacks(0) |
2018.11.29 Thursday 16:39
一昨年、癌の遠隔転移がわかったばかりの頃は、「まだホスピスを探すのは早い」と言われたけど、もうそろそろ自分の最期のことを考えなきゃいけない時期なので、ちょこちょこと準備しています。
といっても、癌が遠隔転移した患者さんに会う機会はあまりないし、身近に(老衰ではなく)癌で亡くなった人もまだいないので、何をすればいいのか、いまひとつわかっていないのですが。

これも何かの参考になるかと思い、とりあえずいま準備していることを、まとめてみました。

☆突然の入院に備えて、一日分の入院グッズをバッグにまとめて置いておく。

具体的には、パジャマとか下着とかタオルとか歯磨きグッズとか、そういうものを一つのバッグにまとめておく、ということです。今年5月、抗がん剤治療中に発熱して、突然入院することになったとき、家族に大変な思いをさせたみたいなので。


☆パジャマやタオルや携帯電話の充電器等、入院のとき必要なものが部屋のどこにあるか、図に書いて家族に渡しておく。

これも、入院してパジャマとかの着替えを持って来てもらう必要があるとき、スムーズに見つけてもらえるように、前もっての準備です。
5月に緊急入院したときには、携帯電話を持っていくのを忘れて、家族に「探すのが大変だったよ〜」と怒られたので。
あのとき携帯は家に忘れたのに、iPodは持って行ったんですよね。「もしや入院することになるかも」と思ったので持って行ったのですが、これは正解でした。眠れない夜に、音楽は必需品でしたね。


☆最期にホスピスに入るならどこにするか、在宅医療を受けるならどこに頼むか、決めておく。

いま通っている病院には、緩和ケアは外来だけで病棟はないので、緩和ケア病棟(ホスピス)がある病院を調べておく必要があると思って、調べました。
これは、病院の地域連携室のような場所で、医療ソーシャルワーカーに尋ねたら、教えてもらえました。もっとも、「いまの段階でホスピス受診しても、リストの一番最後に回されるだけなので無駄ですよ」と言われたので、まだ受診も予約もしていません。
ただ、いま通院している病院の、緩和ケア部の看護師さんには希望を伝えたので、いざというときは、希望通りにしてもらえるかなあと。

といっても、私は、できればホスピスよりも、自宅で過ごせる時間が長いほうがありがたいです。在宅医療を希望する場合、病院は近いほうがいい(中学校の校区くらいを目安に探すといい)と本で読みました。幸いにも比較的近くに、癌の患者も診てくれるという医院を見つけたので、いざとなったらそこにお願いするつもりです。


☆日本尊厳死協会の会員になって、リビングウィルを用意する。

これはちょっと迷ったんですが、今年5月の入院時に書いた書類に、「日本尊厳死協会の会員カードを持っているかどうか」を尋ねる欄があったので、とりあえず入会してみました。
といっても、看護師さんやソーシャルワーカーさんに聞いてみたところ、「医療としてはそのときに必要なことをするのだから、あんまり関係ないですよ」と言われたのですが。

ちなみに、件の入院時の書類には「臓器ドナーになることを希望するかどうか」を尋ねる欄もあったのですが、治療で抗がん剤まみれの臓器は提供できないでしょうから、それは自分には関係ないかなあと。


・・・とりあえず、ここまでは準備しました。

が、できてないこともあります。
一番は断捨離。
特に、本はどうしても処分できない。いま本棚にある大量の漫画も、体調が悪くて自宅で過ごさなければならないときには、大きな心の慰めになるので、捨てられません。

かなり年配の読書家の方で、「家族に迷惑をかけないために、大量に本を処分した」という方を知っていますが、これは真似できないかも。家族にはいつも「本を処分しろー処分しろー」と怒られっぱなしですが、こればっかりはねぇ。無理です。


あと、病院の外来緩和ケアには、がん患者を対象にした精神科医や臨床心理士がいて、不安とか心の問題があれば受診してもいいとのことでしたが、こちらもまだ受診していません。
精神科は、他のところでずっと診てもらっているクリニックがあるし、いまのところはそれでいいかな、と。

いや、不安はあるんですよ。
「いざというとき、ちゃんとホスピスに入れるんだろうか。空き部屋がなくてずっと待たされてそのまま——とかで、困ったりしないんだろうか」とか。
でも、こういう悩みや不安は、どう考えても精神科の領域ではなく、ソーシャルワーカー等に相談すべき問題だと思うんですよね。
さらに言えば、緩和ケア受診して病院での待ち時間が増えるのもしんどいし。
それくらいなら、帰りに美味しいものでも買って食べた方がよっぽどQOLが上がりそう——などと考えてしまう人間には、今のところ緩和ケアは必要ないのかなと。


癌の遠隔転移がわかってから、癌の終末期についての講演会に行ったり、在宅医療の医師や緩和ケア専門の看護師さん等の話を聞いたりしました。いろいろな話を総合すると、「癌の患者さんは、比較的最後まで身の回りのことはできる人が多い」とのことなので、寝たきりになる時間はそんなに長くないのかな、という希望的観測を持っています。

聞いた話では、亡くなる一週間前までテニスをしていた患者さんもいるとか。いいなあ。私もそういう方向で行きたい。
でもそれは、裏を返せば、「終末期の癌患者の病状は、一ヶ月とか一週間くらいで一気に悪化することが多い」ということでもあるのですが。

つまり、老衰で亡くなるのと、癌で死ぬのとでは、ずいぶん異なるみたい。
老衰の場合、「何年も寝たきり」になることも多いようですが、癌の場合は違うんですね。
私は、癌で死ぬのもそんなに悪くないかなあと思ってます。いまのところ。






| ●月ノヒカリ● | 病気 | comments(6) | trackbacks(0) |
2018.11.09 Friday 18:27
今飲んでる経口抗がん剤は、飲んでいる間、ビミョーに吐き気がつきまとって、不快感もあるのですが、幸いにも食欲は落ちていません。
5月に入院した時は、体重が減ってしまったけど、最近また体重が増加しはじめました。
今は「ちょうどいい体重」なんだけど、これ以上増えるようならダイエットしなきゃいけないかも。

それにしても、抗がん剤飲んでて、日常的に吐き気とはお友達なのに、食欲は落ちないなんて……生来の食い意地は、癌になろうと消えないみたいですね。
といっても、味覚は変わるみたいで、最近は甘いものよりもしょっぱいものの方を好んで食べるようになりました。

というわけで、食べ物の話が続きます。
つい先日、俄かに「がじゃいもコンベー」が食べたくなったので、晩ご飯のときに作ったのです。

「がじゃいもコンベー」とは、大学の学食にあったメニュー。
おぼろげな記憶では、茹でたジャガイモとベーコンと玉ねぎをバターで炒めたものだったと思う。
だいぶ昔に、どこかのお店で似たような料理を見かけたんだけど、そのときは「ジャーマンポテト」と名乗っていました。

まあどちらでもいいのですが、「がじゃいもコンベー」という呼び名が可愛いので、私はこう呼びます。

今回作ったのは、学食メニューよりもちょっと豪華版。
薄切りのニンニクをオリーブ油で炒めて、ベーコンとスライスした玉ねぎとパセリのみじん切りも炒めて、茹でたジャガイモを混ぜて、最後にピザ用チーズをのせる。味付けは塩と黒胡椒で。

ジャガイモ3個につき、ニンニク2〜3片、玉ねぎ2分の1、ベーコンは適当、パセリのみじん切りは入れすぎると不味くなるけど、しっかり炒めればパセリのクセも抜けて食べやすくなります。
緑黄色野菜摂取のため、そして買ったパセリを残して無駄にしないために、私はパセリ1袋全部みじん切りにして炒めました。
最後にとろけるチーズをたっぷりと。
とっても美味しかったです。

でもこれ、せっせと作っても、夕食のメインにはならないあたり、残念な感じですね。
副菜にしてはボリュームがあるわりに、野菜摂取量は少なめだし(だから、せめてパセリを多めに入れるのです)。

幸いにも、今飲んでいる抗がん剤は効果があるみたいなので、また作れるかな。
これまで一年数ヶ月、治療しても効かない薬ばかりで、コロコロ薬を変えてきましたが、ここに来てやっと、肝転移の縮小という効果のある薬と出会えました。
効果があるのなら、ピーチ味のまづい抗がん剤も、がんばって飲み続けようと思いました。
おしまい。






| ●月ノヒカリ● | B級グルメ | comments(4) | trackbacks(0) |
←新しい記事 1/110 pages 古い記事→
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
note 瑞木理央
https://note.mu/waterfield5
(自作短歌置き場です)
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM