2018.08.02 Thursday 17:30
今飲んでる抗がん剤は、効いてるのかどうかはまだわからないけど、その前にやってた点滴の抗がん剤よりは副作用が楽です。熱もほぼ平熱になり、たまには外出もできるようになりました。

それにしても、あの点滴の抗がん剤は、何だったんだろう……。
微熱が続いて常にだるかった上、肝数値も悪化して、本当に「やって損した」って感じでした。
もちろん同じ薬で、すごく奏功した人もいるんだし、副作用だって「そんなにつらくない」と言ってる人もいたので、一概には言えないけど。

自分が再発がんの治療していて、改めて思うのは、「抗がん剤をやらない」という選択もありだよなーということです。
こんな博打みたいな治療なら、「抗がん剤をしないほうが長生きできる(あるいはQOLが良い)のではないか?」という可能性に賭けるというのも、悪くはないと思う。
もっとも、おそらく医師の側は、抗がん剤治療を強く勧めるだろうから、それを断って自分の選択を貫くには、強い意志が必要じゃないかとも思うけど。


さて、本題。
今飲んでる薬のせいでたまに吐き気に襲われるものの、さいわい食欲は落ちていないので、食べ物の話をします。
みんな大好きなカレーの話。

私は、外食でカレーを食べることって、ほとんどないです。
お洒落カフェなんかで「こだわりのカレー」を出している店はちょくちょく見かけるし、食べてみればまあ美味しいんだけど。
でも、これも多くの人が言うように、やっぱり「カレーは家で作るのがいちばん美味しい」と思ってるんだよね。

といっても私が家で作ってるのは、ごく普通のカレーです。「ルーからカレーを作る」という本格派も世の中にはいますが、私はそこまではしないです。が、多少のこだわりはあります。

夏には必ず「夏野菜のカレー」を作るんです。これは夏にしか作れないからね。
オクラとゴーヤを入れるんです。ナスを入れるのもいいけど、イマイチだったのはズッキーニ。
かぼちゃもいいけど、カレーが甘くなるのが嫌なので、最近は入れてません。

野菜を入れるときも、本格派の料理人なら「前もって炒めてからカレーに投入する」のだろうけど、私は面倒なので、そこまでしません。
切った野菜に火の通る時間を見計らって、カレーの鍋に放り込んで一緒に煮るだけです。余計な油を使わない分、カロリーも少なそうだし。

あとは、ニンニクと玉ねぎとニンジンとお肉と、しめじも必ず入れます。
玉ねぎも、昔は、飴色になるまで頑張って炒め続けたこともあったけど、今はそこまではしません。鍋にオリーブ油を入れて、刻んだニンニクと玉ねぎを軽く炒めてから蓋をして、たまにかき混ぜるだけ。その間にニンジンとか他の野菜を切ったりしています。

カレーに入れるお肉は、今は牛薄切り肉の一択。近所のスーパーで安売りの日を狙って買います。
牛薄切り肉は、多くのレシピでは最初に炒めることになってるけど、私は一番最後に入れます。 出来上がる5分くらい前かな? 牛肉を一枚ずつ、ひらひらとカレーに投入する。そうすると、少ない肉でもボリュームが多めに感じるんです。これは、小林カツ代さんのレシピで知りました。

カレー粉は、以前も書いたような気がするけど、コスモ直火焼カレールーの中辛を使ってます。

あと、「カレーにスパイスを足すか?」問題ですが。
以前は、煮込むときにインスタントコーヒーを入れるとか、ダークチョコを入れてみたりとか、すりおろしりんごを入れるとか、いろいろ試したことはあるんですよ。
でも、日本のカレールーはそのままで完成された味ってことで、最近はあまり余計なものは入れなくなりました。
煮込むときにローリエを入れて、仕上げにヨーグルトとガラムマサラを少々入れるくらいかな。

そして食べる前に、サイコロ状に切ったトマトをトッピング。
そんなこんなで出来た夏野菜カレー、今年も美味しくいただきました。
残りは冷凍してあるので、もう一回は食べられる予定。

皆さんも、「カレーにはこれを入れる!」というこだわりがあれば、教えてくださいね〜。






| ●月ノヒカリ● | B級グルメ | comments(4) | trackbacks(0) |
2015.06.30 Tuesday 23:39
しとしと梅雨の季節ですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。季節に関係なく年中うすぼんやりな月ノヒカリです。
実は先日、名著の誉れ高い分厚い本を、やっとのことで読了したんですよ。2ヵ月かかりました。でも私の頭のレベルでは、それが名著なのかどうか、よくわからんかったです……。

こういうときの、やり場のない不完全燃焼感、どうやって解消すればいいのでしょうか。
――ズバリ食べ物しかないでしょう!!

というわけで、お久しぶりのB級グルメネタです。
ネットやってて、面白ネタや読みごたえのある記事に出会うのも楽しいけど、「簡単につくれて美味しいレシピ」を拾うと、一気にQOLがぐわっと上がります。

この間たまたまネットで知った「たまごみそ」、つくってみたらハマったので、ここでご紹介します。もともとは青森の郷土料理らしい。
各家庭によってレシピは異なるみたいだけど、私が知ったのはとってもシンプルなバージョンでした。
「たまごみそ」の材料
・卵 2個
・味噌 大さじ2〜3
・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ2〜3
・だしの素 少々

作り方は超簡単。
卵以外の材料を鍋に入れて、弱火にかけ、味噌を溶かす。
沸騰してきたら、溶き卵を加え、かき混ぜる。
好みの固さになったら火を止めて、できあがり。

ジャーン。これですよ。
たまごみそ
個人的に、卵は半熟に限る!と思っております。
甘めの味噌味のふわとろ卵、ご飯のおともにぴったりです。夜につくっておいて、翌日の朝ご飯にかけて食べるのが、マイブーム。
味噌は、白味噌ベースで、少し赤味噌を混ぜました。白味噌の方が色が綺麗に仕上がります。
ネギを入れるバージョンもあるらしいけど、私は卵だけのシンプルな味の方がいいな。


ついでに、卵を使った簡単レシピをもう一つご紹介。
ゴーヤの卵サラダ。
スライスしたゴーヤをさっと茹でて、刻んだ固ゆで卵とマヨネーズ、粒マスタードであえるだけ。
これは鏡リュウジさんがツイッターでつぶやいていたレシピです。
簡単につくれて、野菜もたんぱく質も摂取できるというスグレモノ。ウチでは夏の定番メニューになりました。


これから暑くなるにつれ、料理なんて面倒なことやってられっかーとやさぐれる毎日を過ごすことは必定。
皆様も簡単につくれて(←ここ重要)美味しいレシピをご存じでしたら、ぜひブログ主にも教えてくださいませ♪(・・・って最近こんなことばっかり言ってるなー)






| ●月ノヒカリ● | B級グルメ | comments(2) | trackbacks(0) |
2014.07.22 Tuesday 23:54
毎日毎日、暑いですよねー。
無職ヒキコモリなブログ主は、あいかわらず特に何もない日々を過ごしています。
が、水面下ではちょっとした変化がありました。

わたくし月ノヒカリは、つい先日、わが生涯で最大の転向を決心したのです!

ちょっとここで皆さんにお尋ねしたい。

食事のとき、好物は最初に食べる派ですか?
それとも最後までとっておく派ですか?

私は子どもの頃からずっと、後者でした。

例えば、夕飯のメニューがご飯とお味噌汁とハンバーグとほうれん草のおひたしだったとするでしょ。そしたら、いちばん好きなのはハンバーグだから、「最後の一口は絶対にハンバーグで終わる」ように食べるわけです。
ちなみに、最初に食べるのは「野菜から」がいいらしい。血糖値の急激な上昇を防ぐために(参考URL)。これ健康豆知識ね。

でも世の中には、「好物から先に食べる派」も厳然として存在するわけです。
私の母がそうです。私が好物を最後まで残しておくと、「いま地震が来て食べられなくなったらどうするの?」などと脅されたものでした。
まあでも、そんなことそうそう起こらないでしょ。これまで数十年生きてきて、食事の最中に地震が起きたせいで、好物が食べられなかったなんてこと、一度も経験してないし。

あと、昔読んだ何かの漫画で「好物を最後まで残す人は大器晩成型」と書いてあって、まあそれも悪くないよな、などと思っていたのです。

そんなわけで私は、好物を最後までとっておく派でも、これまで何の不自由も感じていなかったのですが。

つい先日、悲劇が起こってしまったんです。

スイカをね、食べていたんですよ。夏はさっぱりして美味しいですよね〜。
以前は、スイカを食べるときはガブッと齧りついてたんだけど、今では「一口大に切ってお皿に盛ったのを爪楊枝で食べる」のが我が家のスタンダードなんです。

スイカって、真ん中のあたりは甘いけど、皮に近い方はあんまり甘くないですよね。
だから私は、「好物は最後に」の法則に従い、皮に近い部分から食べて、一番美味しそうな真ん中のところは、とっておいたんですよ。そんでスイカ食べながらPCの画面を覗き込んだりしてたんですよ。

そしたら、やってしまいました。
お皿をひっくり返して、床にぶちまけてしまいました。
スイカの真ん中の、赤くて甘そーな部分が、無惨な姿となって床に……。
真っ赤で、いちばん美味しそうなところだったのに! うっうっ私のバカバカバカ!!

月ノヒカリは泣きながら、落ちたスイカを拾い上げ、水道水で洗って食べました。
しかしスイカは潰れてしまって原形をとどめていなかった上、水で洗ったために、ほとんど味はしませんでした。ううっ、悲しすぎる。悲しすぎるよ……。

スイカをぶちまけてしまった床を掃除しながら、私は決心しました。
やっぱり好物は、最初に食べておくべきだったのだと。

というわけで、7・19スイカ崩落事件の悲劇を繰り返さないためにも、月ノヒカリはこれから先、「好物は最後までとっておく派」から「好物は最初に食べる派」に転向することを、ここに宣言いたします。

記憶にある限り、私の人生最大の転向です。真夏の夜の一大決心なのです。

いや、改めて思い出すと、「好物を最後まで残すのは大器晩成型」っていうの、あれもずいぶんな話だったなと。
待てども待てども「晩成」する気配も見せず、「晩成」以前に人生が終わりそうな予感に打ち震えるのですが。
だから、この辺でそろそろ転向しておくのが、オトナの選択でありましょう。
これでいつ地震が起きても、少なくとも「目の前にある好物を食べられなかった」と後悔することはなくなるのです。素晴らしいじゃありませんか。

そう考えると、ずいぶんと心が軽くなりました。
「転向」っていいものですね。
皆さんも人生に疲れたら、ちょいとやってみるといいですよ。転向。







| ●月ノヒカリ● | B級グルメ | comments(8) | trackbacks(0) |
2014.03.21 Friday 23:32
あんまり更新しないと、ブログのトップに広告が表示されちゃうからね、ってことで更新。

えーと、軽めの話題と重たい話題、どっちがいいですか?
・・・と尋ねてみたものの、今のブログ主には重い話題を考えるだけのエネルギーがないので、必然的に軽めの話題となります。

ところで皆さんは、お家でパスタ、茹でますか?

私、あんまり家ではパスタって食べないんです。パスタって何となく「外で食べるもの」っていうイメージなんだよね。村上春樹じゃあるまいし、家でパスタなんか茹でられるかっての。家で食べる麺類は、「そば」「うどん」「そうめん」「ラーメン」だけでいいよ。っていうか「パスタ」って何だよ。「スパゲティ」と呼べ。

とまあこのように、月ノヒカリは麺食いであるものの、パスタにはさほど思い入れはないのですが。
それでも、ごくたまーに食べたくなるんです。ごくたまーに(しかも夜中に)、無性にラーメンが食べたくなることってありません? そんな感じで、食べたくなるんです。真っ赤なトマトソースのパスタを。

ラーメンなら醤油味、焼きそばはソース味――みたいな感じで、パスタにもいろいろな味があるものの、やっぱり王道はトマトソースだと思うのです。

私にとっては、スパゲティって「手抜き料理」の代名詞みたいなものだったんだよね。つまり、パスタを茹でて、温めたレトルトのソースをかけるだけ、という。
でも、つい先日、気づいちゃったんですよ。一手間かけるだけで、レトルトのパスタが「お店のパスタ」に変身しちゃう裏ワザに。
それは――
| ●月ノヒカリ● | B級グルメ | comments(11) | trackbacks(0) |
2014.02.18 Tuesday 00:12
どうも、しばらく更新しないと、ブログの書き方を忘れてしまいました。
えーと例年なら、このブログではバレンタインに「もずく」を食べる企画をやってたんですが――すみません、今年のブログ主は日和りました。普通に自分用チョコを買って食べちゃいました。
もうバレンタインは、「チョコ好きの人が、普段は食べないような珍しいチョコを食べる日」にしちゃえばいいよね!

というわけで。
バレンタインを前にワタクシも、地元デパートのチョコレート祭りに出かけたのです。
デパートのチョコ売り場は、結構な人出でした。きっと皆、自分用チョコを買ってるんだよね、うん。

ちょっとビックリしたのは―― パリを拠点に活躍している有名パティシエさんのお店に、たくさんの女性客が並んでいたんだけど、それはまあいいとして。
皆、来店していたパティシエさんにサインもらったり、一緒に写真を撮ってもらったりしていたんですよ。う〜ん、バレンタインっていつからこんなイベントになったの?

そんな高級店を横目に、ワタクシが今年ハマってしまったチョコはと言いますと。
ジャーン、明治がプロデュースする「100%チョコレートカフェ」です。 100%チョコレートカフェ
このお店には56種類のチョコレートが並んでいて、色違いの箱にこんなふうに番号が書いてあるの。常設店は東京にしかないみたいだけど、バレンタイン前には、名古屋の某デパートにも出店していたのです。

一枚210円(一部310円のモノも)と、値段もお手頃。・・・と思って、ついあれもこれも欲しくなり、選ぶのも楽しくて、買い過ぎてしまう罠。しかも実は一枚14gなので、スーパーに売ってるチョコと比べたらずいぶん割高なんだけど……海外製の高級チョコのお値段を見た後だと、安く感じてしまう罠。

お店の前でチョコを眺めていると、店員さんがカタログを渡してくれました。56種類のチョコそれぞれの説明が書いてあるのです。
100%チョコレートカフェ
ちょっと面白いのは、1〜22番めまでが「シングルビーン」――つまり、産地別の単一のカカオ豆によって作られたチョコだということ。説明を読むと、それぞれ「フルーツのような酸味」だの「ワインのような香り」だのと書いてあって、どんな味なんだ?と気になり、いくつか買ってきました。
家に帰って、さっそく食べてみることに。

最初に手に取ったのは、8番の「チュアオ」。
チュアオというのは、ベネズエラの地名らしい。説明には、「果実・花・ワイン様の艶やかで甘い香りと爽やかな酸味〜」などと書いてある。
パキッと割って口に入れ、舌の上でゆっくり溶かすと――
本当にワインみたいな味がする!! びっくり。もちろん原材料にワインなんて入っていません。 100%チョコレートカフェ 原材料は「カカオマス、砂糖、ココアバター、レシチン」のみ。
なのにすごい、スーパーで売ってるチョコとぜんぜん違う、これまで味わったことのない感覚。

次に食べたのは、4番の「ウガンダ」。説明には「上品な紅茶様の甘い香り〜」と書いてあったけど、紅茶っていう感覚はなかったかな。でもこれもまた、これまでにない味わいで、美味しかった。

3番の「マダガスカル」。普通よりもちょっぴり酸味が強い気がする。そしてこれもまた独特の味わい。

9番の「スルデラゴ」。すっごいナッツの味がするー。ナッツなんて入ってないはずなのに、味はもうめちゃくちゃナッツ。ローストしたアーモンドみたいなコクがある。
「スルデラゴ」というのもベネズエラの地名らしいんだけど、同じベネズエラの「チュアオ」とはぜんぜん味が違うんだーとオドロキ。

7番の「ハワイ」。ハワイでもカカオ作ってたなんて初耳でした。「フルーツのような酸味〜」と説明に書いてあったんだけど、実際に食べてみると――バナナみたいな味がする!!おいしー。

12番の「エクアドル」。「アリバ種独特の花のような香り〜」と説明にあったんだけど。食べてみると、ほんのりハッカのような香りを感じた。面白いー。

しかし、中には地雷チョコも。
まず、13番の「コスタリカ」。「ナッツやコーヒーのような香ばしいアロマ〜」と説明にあったものの、そんな味はしない。というか、チョコレートの味がしない。ブロックを舐めてるみたいな。これはもう二度と食わん。

そして17番の「ジャワ」。東南アジアでもカカオ栽培していたのかーと新鮮な驚きがあり、興味本位で買ってみたところ。説明には「香酢のような酸味〜」と書いてあったけど、口に含むと、エスニック料理に出てくるようなクセのある香りが……これは好き嫌いが分かれそう(私は正直、うげえぇぇぇぇぇっとなった)。

とまあ、印象に残っているのをいくつかに挙げてみました。この他にも、「フツーに美味しい」のも「ビミョーな味」のもありました。

でも楽しかった〜。「利き酒」ならぬ「利きチョコ」というか、チョコにこんな楽しみ方があったとは……カカオの産地によって、これほどまでに味が違うとは……。

ただ、今回のチョコ食べ比べ、一枚を割って、何日かに分けて食べたんだけど。
味覚って日によって変わるみたいで、次の日に食べたときは、さほど美味しいと思わなかったりもするから、難しいんだよね。
チョコの食べ比べをするときは、自分のコンディションを整えて、味の違いがわかるくらい舌が敏感なときに食べなきゃいけないみたい。
飲み物はもちろん水。コーヒーやお茶は、カカオの味の微妙な違いがわからなくなるから却下。
そして一種類食べる毎に、ノートに感想をメモする。

――とまあ、本気でチョコにハマると、もはや「スイーツ」の領域ではない、「チョコレート道」を歩む求道者のようになってしまうのです。ただ大好きなチョコを食べるだけのつもりが、こういう展開になってしまうあたり、やっぱり自分は根がオタクなんだなーと実感してしまった今日この頃でした。

ついでに、名古屋市科学館で開催されている「チョコレート展」にまで出かけてしまいました。展示内容はこのサイトを読めばわかるようなことばかりだったけど――カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を映像で見られたので、まあよかったです。

というわけで、「100%チョコレートカフェ」のおかげで、今年は楽しいバレンタインになりました。(もずく派の皆さん、裏切ってゴメンよ……うっうっ。)
しかし、名古屋にはないんだよね、このお店。来年もまた来てくれるといいな。

ただ、毎年書いてるので今年はわざわざ書かなかったけど。私が世界一おいしいと思うチョコレートは、People Treeのチョコレートです。これを越えるチョコにはいまだに出会っていません。People Treeのチョコも、昔は高いなーと思ってたものだけど――デパートで海外の高級チョコのお値段を見た後だと、ずいぶん安く感じるという不思議。
しかも今年からは私、チョコレートの原材料を注意して見るようになったのですが。People Treeのチョコは「植物油脂」も「乳化剤」も使用していないというあたり、ポイント高いです。
まだ食べたことない方、一度お試しあれ。


次回こそは拍手レスをUPする予定です。


 大雪に見舞われた地域の皆様、どうかご無事で。。。




| ●月ノヒカリ● | B級グルメ | comments(4) | trackbacks(0) |
←新しい記事 1/5 pages 古い記事→
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM