2017.10.19 Thursday 23:17
体調を崩してから、ブログでの短歌の発表はお休みしていたのですが、短歌自体は、たまーに、ぽつぽつと作っていました。

今回は、これまでに作った短歌をちょっとだけ、ここに公開します。

まずは、秋になったので、この歌を。
すずやかな銀杏並木が黄水晶(シトリン)のしずくを散らすあきかぜの道

ツイッターで相互フォローしていた、あきかぜさんのお名前を短歌に詠み込んでみました。ツイッターで短歌を発表していたとき、ふぁぼってもらえたのが嬉しかったので、お礼の気持ちを込めて。
この短歌、実際に作ったのは今年の4月頃だったんですが、秋になるのを待って公開することに。
イチョウの葉が色づくのはもう少し先ですが、家の近くにも銀杏並木があるので、いずれ黄色に染まった並木道の写真を撮れたらいいなーと思ってます。


水に舞う瑞鳥の羽(はね)はろばろと来世を照らせ紫苑いろの灯(ひ)よ

折句のような形で、人名を詠み込んでみました。
以前、当ブログで実施した「短歌クイズ」のような読み方をしていただくと、とある方の名前が出てきます。


もう一首だけ。
背中には翔べないままの泣きそうな翼があった ここだけの呪詛

これも折句の形で、とある方の名前を詠み込んだ歌です。


こういう折句の短歌をサラサラーと作れたら、もしかしたら商売として成り立つのかなあ——などと考えないでもないのですが。

ただ、ハンドルネームでもペンネームでも実名でも、人の名前を短歌に詠み込むのは、多少なりともその人に対する親愛の情を抱いていなければイメージが湧いてこないので、量産はできそうにないんですよね。残念ながら。


ところで、人名を短歌に詠み込んだ例で思い出したのですが、こんな歌があります。
塚本邦雄の『新撰 小倉百人一首』の冒頭に掲げられた序歌です。

きらめくは歌の玉匣(たまはこ)眠る夜の海こそ千尋やすらはぬかも /塚本邦雄

文庫版の解説によると、この歌には、親しい編集者の箱根裕泰(はこね・ひろやす)氏の名前が詠み込まれているとのこと(「玉匣(たまはこ)眠る」に「はこね」、「千尋(ちひろ)やすらはぬかも」に「ひろやす」が隠されています)。

こんなふうに、人の名前を短歌に詠み込めるテクニックがあれば、表現の幅も広がりそうですね。私もいずれ、こういう短歌も作れるようになりたいなあ。

ところで、上に引いた歌の意味ですが、文庫版の解説には、〈古典和歌という「歌の玉手箱」の中から、夜も眠らずに、珠玉の和歌ばかりを百首選んだ、という自讃の歌〉と書いてあったんですけど……私は、そんなふうには読めなかったんですよね。

私の解釈は、こんな感じです。
「きらきらした歌のたくさん詰まった宝箱が眠っている、深い深い夜の海。それを思い浮かべると、心がはやって気持ちが休まるときもない——」

実際、この『新撰 小倉百人一首』には、きらきらした和歌がたくさん詰まっていて、たまにページを開いては、うっとりしています。

話が前後しますが、この本の内容をさらっと説明しますと。
前衛短歌の巨人・塚本邦雄は、藤原定家が選んだといわれる「小倉百人一首」の歌を、「凡作ばかり」と一刀両断してるんです。
古典和歌にも造詣の深い塚本が、百人の作者一人一人にとって「これぞ真の代表作」という一首を選び直したのが、この『新撰 小倉百人一首』です。

この本を読んでいると、塚本邦雄に洗脳されて、百人一首の歌が本当に「凡作ばかり」に見えてくるから怖い。
旧かな旧漢字表記の美文調なので、読みやすくはないのですが、一度ハマると癖になります。

今回はこの辺で。

※10/21(土) 短歌を少し修正しました。

   




| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(2) | trackbacks(0) |
2017.03.28 Tuesday 22:56
えっと、前にも書いた通り、これから先、新作短歌は、まずは紙媒体→その後ブログに転載、という順で発表するつもりでした。

でも今、ここを読んでくださっている皆さんに、どうしても伝えたいメッセージがあるので、発表することにしました。

これが、短歌ブログで発表する作品の第一弾になります。
「小さな手紙」です。
はてなブログ「あすも短歌の花が咲く」へのリンク

これまでに何度か、固定ハンドルネームで当ブログにコメントくださった方に、感謝の気持ちを込めて、ハンドルネームを短歌に詠み込んでみました。

こちらにも転載しますので、ご自身のハンドルネームを探してみてください。

桜餅の葉にふくまれた塩分があした私の涙にかわる

ノラ猫に生まれかわって来世では煮干しが泳ぐ海辺で暮らそう

薄闇の底に光はしらしらとあなたの石を照らしはじめる

家じゅうを探しまわって見つからず開けた窓から来る青い鳥

冬の日のこころの淵につもる雪 月には月の道があるから

絹さやのすじを引きつつきららかな緑の風をわたしに招く

渡り鳥のように世界を翔けめぐる未来の文字も雨に滲みるか


ハンドルネーム、気づいてくださった方はいるでしょうか。
桜餅の葉っぱさん、ノラさん、しらさん、(旧HN)青い鳥さん、雪月さん、絹さやさん、ミルカさん――皆さんのことを思い浮かべつつ、短歌にお名前を入れさせていただきました!

それなりに長期にわたって、固定ハンドルネームでやり取りをしてきて、それぞれのお人柄もある程度理解しているからこそ、できた作品です。

実名でコメントくださった方、短歌にしづらいハンドルネームの方は、残念ながら作品にはできませんでした。
そうであっても、コメントくださったこと、励ましの言葉をかけてくださったことに、心から感謝しています。
本当にありがとうございました!!

月ノヒカリ/都樹野ひかりは、このブログを読んでくださって、コメントくださった皆様に育てられました。

自分の短歌を自分で評価するのは難しいのですが、これが、今の私にできる精一杯です。
この先、どういう作品を発表することになるのか、自分でもよくわからないのですが、今回の作品は、一つのマイルストーンになるんじゃないか、と感じています。

体調面の不安を抱えながらの活動になるので、のんびりペースの更新しかできないと思いますが、今後もお付き合いいただけると嬉しいです♪






| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(4) | trackbacks(0) |
2017.02.10 Friday 23:20
前回のエントリで予告した、新作短歌です。

チョコレートを愛するすべての女性に贈ります。

今回は男子禁制。男性の閲覧希望者は、女装してお入りください。
| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017.01.12 Thursday 00:05
早速ですが、今年最初の短歌をUPします。
連作「蟹と闘う」です。

短歌に関心のない方にも、読んでいただけると嬉しいです。
解説は後ほど。

 「蟹と闘う」

繰り延べた死を思い出す前夜祭 診察券は財布に入れる

いつもとは違う路線の地下鉄に乗る乗り換えるここが戦場

本日の受付番号、平安京遷都と1番違いで惜しい

フルネーム何度も問われ何度でも答える喉がやや縺れつつ

皮膚を破り侵入者として血液を奪う針から目を逸らしてる

やわらかなからだに傷をもつ人が固まりながら待つ白い部屋

ペパーミントグリーンの声で話す医師はわたしの不安を食いとめる役

「問題はないです」なんて異常値の腫瘍マーカー見せて主治医は

注射器が小さな戦士を送り込む 蟹に侵され傷んだ骨に

病院の午後のひかりは淡くなるゆるやかになる 少しだけ眠い

えーと、意味はわかっていただけたでしょうか。
以下、野暮だとは思いますが、ちょっとだけ解説します。
| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016.12.26 Monday 20:13
このあいだの休日の午後は、主にエレベーターで上がったり下がったりして過ごしました。
私は一体何をやっているのでせうか。

その日のことを、日記風の短歌にしてみました。
写真と一緒にご覧ください。

   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


 透明な種として過ごしたい街で個体識別されて冬空

テレビ塔



 高層ビルの窓に映った青空と雲と高層ビルがまぶしい

ミッドランドスクエア



 シースルーエレベーターに運ばれてこのまま一人で昇天したい

エレベーター



 あすの朝ゴジラに変身していたら私がビルを踏みつぶす番

展望台



 二〇〇メートル下りれば歩道を人類があるいていたので私もあるく

名駅前



 いつの日か廃墟となって堕天使がはしゃぐ駅前バベルの塔よ

タワーズ



 ビル風に殴られながらシャッターを押すゆびさきが無言のままだ

名駅前

   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

写真はすべて、名古屋のランドマークです。
名古屋駅近辺と栄近辺で撮影しました。名古屋人なら、全部の場所を特定できる、かな?

以下に短歌のみ、再掲します。
透明な種として過ごしたい街で個体識別されて冬空
高層ビルの窓に映った青空と雲と高層ビルがまぶしい
シースルーエレベーターに運ばれてこのまま一人で昇天したい
あすの朝ゴジラに変身していたら私がビルを踏みつぶす番
二〇〇メートル下りれば歩道を人類があるいていたので私もあるく
いつの日か廃墟となって堕天使がはしゃぐ駅前バベルの塔よ
ビル風に殴られながらシャッターを押すゆびさきが無言のままだ


これが今年最後のブログ更新になると思います。
皆様よいお年を。






| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(2) | trackbacks(0) |
←新しい記事 1/3 pages 古い記事→
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM