2009.07.11 Saturday 15:50
このブログは、ダメ人間のダメ人間によるダメ人間のためのブログです。

こんにちは、月ノヒカリです。2009年7月からブログ書いてます。

プロフィールはこちら。いろんな病気を抱えてます(病歴参照)。

ひきこもり系で非コミュなぬるい感じの腐女子です。

【このブログに向いている(かもしれない)タイプ】
   自意識過剰な人。コンプレックスの強い人。
   自分に正直な人。不器用な人。
   真面目すぎてささいなことにいちいち腹を立ててしまう人。
   人生に向いてない人。いっそ人間やめたい人。


☆使用上の注意☆
◆「社会を変える」とか偉そうなタイトルですが、たいしたことはしません。読書感想や日々の雑感を、気ままにマターリ書いています。

◆しょせんダメ人間のブログですので、更新ペースはのんびり、ときには放置もありです。生温かい目で見守ってください。

◆ブログ主は腐女子なので、たまに予告なく801話を始めることがあります。苦手な方は自主的に避難してください。(腐女子関連の話は、801・BL・JUNEカテゴリにあります。)

◆古い記事へのコメントもお気軽にどうぞ(ただ、過去記事については、現在とは考え方が異なる部分もあります)。

◆コメントは承認制のため、反映されるまでに時間がかかります。広告・スパムコメントと思われる場合は、ブログ主の判断で削除させていただきます。ご了承ください。

◆拍手ボタン経由でいただいたコメントについては、コメントを公開した上で、レスする可能性があります(拍手レスカテゴリ参照)。コメントを公開されたくない場合は、「レス不要」にチェックして、コメントを送ってください。
*2016.6.16追記
現在「拍手レス」はお休みしていますが、拍手コメントはいつもありがたく読ませていただいてます。今後、レスを必要とするコメントについては、できるだけコメント欄の方にお願いします。


◆リンクはご自由にどうぞ。

◆トラックバックはスパムがあまりにも多いため、現在、言及リンクのあるもの以外は受け付けていません。何かお知らせがありましたら、コメント欄にどうぞ。

◆月ノヒカリのツイッターIDはnewmoon555です。あんまりつぶやきませんがフォローはご自由に。ひとこと声をかけていただければ、フォローお返しします。

◆その他、当ブログについてご意見・ご感想がありましたら、下記までどうぞ。
   fanatic_sweets666☆yahoo.co.jp
   (☆→@に変えてください)

それでは、ごゆっくりご覧ください。


ここまで読んでくれた人、とりあえず拍手♪




| ●月ノヒカリ● | はじめにここを読んでね | comments(19) | - |
2017.03.19 Sunday 15:50
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2011/01/27 6:15 PM posted by: 大賀 あず沙
私も30歳、アトピー、通院者、で、栗本薫の『魔界すいこ伝』を中学の時に読み漁りました。(学者に恋をした小説腐女子?(笑))しかし父が感動して魔界すいこ伝読んでいるとき、『私は世界が滅んでも、自分は犠牲にはしない』と言い放ち、父は幼稚園の時『これ、とるよ、これ、あるとお父さんじゃない』と絵を描く為カツライスを取った時の次くらい哀い顔で怒りました。『お前、何の為に読んでんだよ!?』その後私はMr.Childrenの歌『HELO』を後に聞いて、改めて桜井和寿を好きになり、去年、福岡ドームのライブでホロリ、泣きました。

楽しかった時代
中学生活でもあった。

中距離陸上、新聞配達2年間や勉強、恋(ファンクラブのある先輩から慕われ上級(笑)生達から呼び出しくらい、無視しなくちゃいけなくなり、先輩が公園で真冬3時間以上待つのを陰からみて迷うという、よかった時代(笑)今思うと私も好きだったのかも)


あと、まだまだ話したいな、自分にメールください、営業向きな、テレアポで稼いだ人間なんで、聞きやく、(文句、クレーム)も、自分から楽しい話も出来ます!

から、いつか、話がデキタラナ(>_<)☆

MOONの光の力で、熱が下がった気がします。ありがとう(^0^)/

ここに辿りつけてよかった(T-T、)


最後にMr.Children『SUNRAIS』よければ聞いてみて下さい。昔の曲ですから、ユーチューブでみれないかもですが(^-^;

かものはしあず より
2011/02/01 11:58 PM posted by: 月ノヒカリ
かものはしあずさん、はじめまして。

ブログを読んでくださってありがとうございます。
最初にいただいたコメントも、非公開にしましたが、ちゃんと読ませていただきました。
このブログのコメント欄は、基本設定で「公開」にしてあるので、コメント欄に個人的なことを書かれたこと、ちょっと心配になりました。もちろんご自身が納得して、オープンにしたいとお考えなら構わないのですが……。

mixiについては、私は入会していないので、残念ながらサイトを見ることができないのです。

ツイッターはご自由にフォローしてください。声をかけていただければ、こちらからもフォローします。

このブログに来て、読んでくださったことに感謝しています。
かものはしあずさんが、これから自分の思う方向に進んでいけますよう、お祈りしています。
2012/09/24 8:43 PM posted by: -
管理者の承認待ちコメントです。
2013/07/19 7:22 PM posted by: ふれいあ
はじめまして。

偶然見つけてしまい、読みいってしましました。
というのは、私も似たような境遇で。
小さい時からアトピーで、癌にはなっていませんが、アトピーが原因で片手で数える回数は眼を手術しました。親のことも似たようなものです。それなりに親はいろいろしたと思いますが、こちらが困っている時、それは一般の同級生たちとはかなり異なった人生を歩むときには、共感の言葉などなかったですね。他の家の子どもと比較して自慢できるものでないとそうなるのでしょうか。心にどうゆうダメージが来るか想像できないようでした。
社会に対する考えも近いかもしれません。私は無力ですが。

また、どきどき見に来ますね。
2013/07/22 12:13 AM posted by: 月ノヒカリ
ふれいあさん、はじめまして。

同じアトピーの方に読んでいただけて嬉しいです。
アトピーは白内障とか、眼に影響出ることも多いですよね。私は眼の手術はしたことがないのですが、検査は欠かせません。ふれいあさんもどうかお大事になさってくださいね。

親は、確かにいてくれて有り難い面もあるのですが……やっぱり親にとって一番大切なのは「世間体」なんだな、と感じたことは何度もあります。
病気になると、病気そのもののダメージだけじゃなく、「社会のレールから外れる」というダメージもありますよね。さらに親の言葉もまたダメージとして襲いかかってくる。
なんというか、多方面から襲いかかってくるダメージから自分の身を守るというのも、なかなかにエネルギーを使うことだな、と思ったりします……。

コメントありがとうございました。よろしければまたお越しくださいね。
2013/08/17 2:18 AM posted by: na
はじめまして。偶然発見したんですが、これ以外の記事もちらっと見てみたんですが、タメになりそうなので常連というか、まあ読んでいこうと思います。

社会を変えるというタイトルですが、本当に今の社会はダメですよね。まあ海外は知りませんが少なくとも日本はダメですよね。で、こういう風に思っている人は大勢いると思うんですけど、残念ながら社会を変えるというのはかなり難しいことであり…。ただやっぱりこう今のままの社会じゃダメだ!っていう気持ちって大事ですよね。

ってことで僕はまあ多分健康ですよ。ただひきこもりとか非コミュってすごい分かるんですよ。いや、友達が多い方がいいっていう風潮みたいのありますけど、まあだから僕も学校とかでいろいろな人と接してはきたけど、最近は友達が多い方がいいっていう考えが分からなくなったんですよ。実際、真の友達っていえる人はぶっちゃけいないかな、僕も。友達が多い人は上辺だけの付き合いをしてたり、今の日本の社会が求めるような付き合いをしてたりしてる場合が多いんじゃないでしょうか。

ひきこもりだってもう今の時代部屋で何でもできますからね。僕も休日とか一回も友達と過ごしたことないし、ほとんど家で過ごしてて、外で遊べだの友達と遊べだの言われるんですが、正直外で何やるの?友達と何やるの?って感じですよね。ひきこもりとかそういうのって一概に批判されるんですよね。

意味不明な話になってしまいましたのでこの辺でやめますが、まあよろしくお願いします。
2013/08/21 11:13 PM posted by: 月ノヒカリ
naさん、はじめまして。
偶然発見って、どこからたどり着いたのか謎ですが……この辺境ブログにようこそ。

「社会を変えるのは難しい」というのはその通りですが、このブログでは、そんな大それたことを考えてるわけじゃないです。
なんというか、「マイバッグを持ち歩いて、買い物のときにレジ袋を断る」というレベルのことを、ちょっとずつでも積み重ねていけたらいいなあ、という話です。
自分の影響力なんてたいしたことないですけど、それでも何もやらないより、ちょっとでも行動した方がいいこともあるので。


>友達が多い方がいいっていう風潮

このあたり読んでなんとなく、naさんはわりと若い方かなーと思ったんですけど。
私はどちらかといえば、「たくさんの友達がいるより、少数の心を許せる友達がいる方が幸せ」という価値観を持ってました。

今の時代はまた違っててきてるのかもしれません。
Twitterのフォロワーが多いとか、Facebookの友達が多いとか、そういうのが勲章になったりする時代ですから。

続きは「友達って・・・」のエントリの方にレスしますね。
2014/02/24 9:14 PM posted by: はな
はじめまして。
偶然、こちらのブログに出会いました。
確か、「宮台真司 嫌い」で検索したのだったはずです。
なにやら、共感できる部分多く、また、分析力が
素晴らしく、とても驚いています。
私は、うつ病です。うつ状態っていうのかな?
10代からなので、病気なのか、性格なのか、なんなのかよく分かりません。
生きづらいながらも、なんとか生きてきましたが、いよいよ状況がまずくなってきました。
とまあ、私のことはさておき、今後もブログを楽しみにしております。コメントも豆にしたいのですが、上手く書けるかどうか…

ここ数日、非常に辛かったので、こちらのブログに出会えたのは、非常に救いになりました。

ありがとうございます。
2014/02/26 11:33 PM posted by: 月ノヒカリ
はなさん、はじめまして。

偶然でも何でも、このブログを見つけてくださって、少しでも気に入ってくださったのなら、ブログ主としては嬉しい限りです。

宮台真司、お嫌いですか?
ブログ主は、それなりに愛読しつつ、でも時々イラッとしちゃう!というスタンスで、特に嫌いというわけではないのですが。

はなさんはうつ病なんですね。
このブログにコメントくださる方にも、たまにうつ病の方がいらっしゃいます。
心の病は、長く患ってると、病気なのか元々の性格なのか、わからなくなる部分もありますよね。

詳しい事情はわかりませんが、はなさんも大変な中、それでも生き延びてこられたことに祝福を。

最近はあまりブログ更新できてなくて心苦しいのですが、のんびりお付き合いいただければ幸いです。
コメントありがとうございました〜。
2014/02/27 11:10 PM posted by: はな
こんばんは。
お返事、ありがとうございます。
嬉しかったです。

本当は、別の記事にコメントしたいのですが
(たとえば、アンナ&#8226;ハーレントの映画評とか)、
私はアウトプットが得意でなく、しかもスマホで書いているので、どうも上手く書けない気がして、こちらで書かせていただきます。

宮台真司のことは、よく知らないのです。
本は昔一冊読んだっけな、どうだったけな、
くらいです。
でも、この前の都知事選で細川氏を応援し、
宇都宮氏に降りろという趣旨のツイートを
していたので嫌いになりました。
一度嫌いになると、あれこれイヤになりますね。
しかし、自分の評価に自信がなく、同じ人いるかな〜と思って検索した次第です。
今となっては、宮台真司はどうでもよく、
こちらのブログに出会えたことは、大きな収穫でした。

話は飛びますが、安倍政権はひどいですね!
怒っています。どうにか倒したいです。
何ができますかね。
数々の悪行に具合が悪くなり、うつが悪化しますが、打倒安倍が今の私の生きる活力でもあります。あいつよりは、私は賢いんじゃないかと思うことで、自信を保っています。
歪んでますかね?

話が飛んでごめんなさい。
また来ます。
ありがとうございました!
2014/03/03 9:34 PM posted by: 月ノヒカリ
はなさん、再びこんばんは。

私は都民ではないので、都知事選にはさほど関心がなかったのですが……宮台はそんなこと言ったんですね。
検索したら、まとめが見つかったので、読んでみました。
http://togetter.com/li/621648

過去に宮台の著書を多少なりとも読んできた自分から見ると、それなりに筋は通っているように思えます。正しいかどうかはわかりませんけど。
宮台さんはおそらく日本でトップクラスの「頭のいい人」でしょうが、ブログ主は「人並みの知能がある(と思いたい)」レベルの頭しか持ち合わせていないので、何が正しいのかよくわからないんです。
私もまた、自分の判断に自信が持てないんですよね。

で、ちょっと不思議に思ったのですが。
私は確かに、安倍政権を良しとしませんが、ブログ上で「打倒安倍」とか叫んだことはないんですよね。そういうブログは、他にたくさんあるので、自分がやる必要性を感じないからです。
なので、いきなり「打倒安倍」と言われても、ブログ主としては戸惑うのですが。

もちろん、はなさんが怒りを抱くのは健全だと思いますし、それが生きる活力になるのなら何よりです。
ただ、私は、誰かを見下すことが「自信」につながるというのは、違う気がするんですよね。少なくとも、私が求める「自信」ではない。
「自信とは、自分を信じる力のことだ」と言った人がいましたが、私の求めている「自信」というのも、誰かと比べて優れているとか劣っているとかではなく、自分の内から溢れ出る光のようなものじゃないかと思ってるんです。

もちろんこれは私の個人的な感覚に過ぎないので、はなさんはご自身の考え方を尊重してください。
でも、お話しできてよかったです。
コメントありがとうございました。
2014/04/19 12:45 AM posted by: 猫助
はじめまして、猫助と申します。

自分は22歳ですので、月ノヒカリ様からするとおそらく結構な若輩者
にあたりますね(^^;

「レール 社会」などで検索していた際に、「レールの上を走れなかった人たちへ」
という記事を見つけ、このHPに辿り着きました。(ちなみに自分も10代の頃、見事
にレールから脱線してしまった一人です。今も毎日苦悩の日々です。)

ところで自分はここ数ヶ月間、絶望で頭が一杯な状態が続いています。

ネットに逃げて色々検索し、自分以外にも苦しい状況の人が多くいるという事を
知っては、心のどこかでほっとして自分を慰めたりしている日々です。

...上記の内容、不謹慎ですよね。すみません。でも自分が本当に情けなくて、
せめて同じような地獄(言い過ぎかもしれませんが)を体験している方が他にもいら
っしゃるんだと分かっただけで、心のどこかで安心するというか、少し慰めになる
感じがするんです。同じような人がいるんだ...って。自分も友達はほぼいないです
し、人と話すのも嫌いで強い不信を抱いています。
 自分の場合は神経症の部類で、幻聴・被害妄想が酷く人間不信がかなり強いです。


月ノヒカリ様のブログは大変長くお続けになっておられるようですし、記事がとても
充実している印象を受けました。まだ一部しか拝見できておりませんが、できれば
精神的に余裕がある時に、全体をじっくり拝見していきたく思っております。

今回は初見でしたので、特にこれといった意見がある訳ではありませんが、
ただ月ノヒカリ様とブログに関して2つ感想がありましたのでコメントしました。

まず、何年も前の記事に対して新規のコメントがあった際にも、ちゃんとお返事を
なさっている事に驚きました。きちんとコメをご覧になり、お返事なさっている
そのお心遣いというかご配慮は、とても素敵だと思いました☆ 尊敬致します。

そして2つ目ですが、月ノヒカリ様は統合失調症について多少気になさっておられる
ようですが、正直文面からは全く感じませんでした。勝手な見解ですが、統合失調症
であれば普通、人対人において意志の疎通がスムーズにいかないような事が多いの
かなと思っていましたので。感情の大きな乱れも、文にはほとんど表れていません
でしたし、むしろ自分なんかが聞いたことのない単語を多くお使いになっていて、
国語力の差をまじまじと感じてしまいました。やっぱりまだまだ自分は未熟者ですね。

月ノヒカリ様の文章はとても読みやすいです。共感する事も多いです。
改めて尊敬致します。アトピーとは先天・後天のものなのかは詳しく分かりませんが、
少なくとも月ノヒカリ様は何も自分を卑下するような事はしてないと思います。
身体的な苦痛が根本の原因・元凶なら、自分が代わりになりたいくらいです。
月ノヒカリ様は何も悪くないです。この不平等な世界が悔やまれるばかりです。


今後、別の記事を読んだ時にはまたコメントさせて頂きますね。
稚拙・長文失礼致しました。最後までお読み頂きありがとうございました。
ではまた、失礼します。
2014/04/19 11:55 PM posted by: 月ノヒカリ
猫助さん、はじめまして。この辺境ブログへようこそ。

このブログには、たまーに若い方も見えるのですが……え〜、とりたてて何の役にも立たないブログですが、「世の中にはいろんな人がいるなあ」くらいに思っていただければと。
少しでも猫助さんの慰めになったのなら幸いです。

このブログはもうすぐ5年になりますが、自分ではそれほど「長く続けている」という感覚はないんですよね。他のブロガーさんは10年以上続けている方もいらっしゃいますし、自分はまだまだ新参者、という感じです。

いただいたコメントにほぼ全レスしているのも、このブログが訪問者の少ない、辺境の過疎ブログだからできることなのです(笑)

猫助さんは神経症とのこと、私は神経症についてはよくわからないので、何とも言えないのですが。


>統合失調症であれば普通、人対人において意志の疎通がスムーズにいかないような事が多い

「急性期」にはそうなると思います。
自分自身も、急性期には非合理的なことを言ったり、おかしな行動を取っていたと思います(←これは「正気の人からみると変」という意味で、自分としてはちゃんと理由があってしていた行動なのですが)。
ただ、このブログを書いている期間は、幸いにも統合失調症の「急性期」は訪れていないので、一応、冷静な文章を書けているのかもしれません。

ただやっぱり、「統合失調症」という病気は、特殊だと思ってしまいます……。
例えば今、私が裁判の証人台に立つことがあったとしたら――自分の証言は、信頼されないのではないか。「統合失調症の患者」ということで、信頼性を割り引かれるだろうな、と。
それを「差別」とか「偏見」と呼んでいいのかどうかわかりません。ただ、そういう面を持つ病気なんだと思います。

猫助さんの詳しい事情はわかりませんが、22歳なら、まだまだこれからですよ。いろんな本を読んだり、いろんな経験をして、ちょっとずつでも息抜きしながら、無理のないペースで歩いていってください。いろいろあったとしても、ここまで生き延びただけで百点満点です。

コメントありがとうございました〜。よろしければまたお越しくださいませ。
2014/04/23 1:57 AM posted by: 猫助
こんばんは、猫助です。

早々にお返事を頂いていたようで、ありがとうございました。

ここには確かに若い方は少ないのかもしれませんが、月ノヒカリ様のような
人生の先輩方のお話を少しでも聞けるだけで、自分にとっては大変貴重で有難いです。
「とりたてて何の役にも立たない」って、そんな事ないです。というか、すぐ上に
お書きしているじゃありませんか。月ノヒカリ様は卑下する事なんてありませんっ。

ブログの事ですが、たとえ10年続けておられる方がいたとしても、こういった深い
内容のブログをこつこつ継続的に更新なさっている方にはお会いした事がありません。

-1-
個人的な感想ですが、このブログでは苦しさや辛さから逃げるというよりも、素直に
向き合って受け入れて前へ進んでいくためのなにかが詰まっている感じがします。
そしてその記事を書いておられるブログ主様こそが、まさに自分と向き合い、心の
動きや行動を冷静に綴りながら、答かなにかに少しずつ近付いている感じがします。
-2-
月ノヒカリ様もお分かりかもしれませんが、今ブログやツイッターをしている
若い人たちって、それこそ精神的に追い詰められているからか、自虐的な内容や
露骨な感情表現などをしていることが少なくありません。それは多分必死にもがいて
いる証拠だと思うのですが。

とにかくきつくてどうしようもない人や若い人って、まだ2の段階だと思うんです。
でも、辛さや苦しみと向き合うことができた人は、2の上の1の段階に来てると思う
んです。今このブログを読んでいる自分や他の方たちも、月ノヒカリ様も、多かれ
少なかれ自分と向き合えていると思うんです。だから、もうすこしで光が見えると
思うんです。もう少しで、やっと笑える日が来るって...そう思いたいんです。

...若輩者なのに偉そうな事を言ってすみませんでした(汗)


神経症は、ひと言で言えば「考え過ぎ」です。森田正馬という方の本に詳しく載って
います。被害妄想に支配されて、日常生活の中であらゆる支障をきたしてしまう
心の病です。〜恐怖症という名前が付いたりもしますね。最も一般的な心の病気かなと
思います。「森田療法」、よければ参考になさってください。 

 
「統合失調症」は、確かに神経症とは少し違うというのは聞きます。非合理的なこと
とは、具体的にどういった内容なのかはあまり聞いた事がありません。ただ神経症
の場合は、医学上の区別をしたいからといって無闇にあれこれ学者が病名をつけ、医師
が患者に宣告する事で余計に悩ませ、ますます悪化する場合も少なくないようです。
 心や精神とは「物」ではないですし、すべての人に対して一概に病名を当てはめる
なんてそもそも無理があると思います。「統合失調症」と言われただけで、その人の
見方が変えられるのも不服ですね。相手の気持ちを汲み取る事が何より大事です。
 回復に一番大事なのは環境。やはり周りの人たちが理解することだと思います。


>ここまで生き延びただけで百点満点です。

...すみません、涙が出そうになりました。こんなにも温かいお言葉をかけて頂いた
のは、自分の記憶にはありませんでしたので。張りつめていた糸がふっと切れました。
こんなに心が楽になることってあるんですね。そのひと言で、今までの自分の人生が
すべて報われた気がしました。そのお言葉、ずっと大切に胸にしまっておきます。

来月からはバタバタした状況になるかもしれず、ブログにもあまり訪れられなくなる
かもしれません。なんかすごく不安です。でも、マイペースに、ですね。
 僕の詳しい事情は、公開されるコメントではちょっと言いにくかったですので、
今回は伏せてしまいました。すみません。


お返事ありがとうございました。また来ますね。弱音を言ってしまう事もあると思い
ますが、お許し頂ければと思います。また無事に、この場所でお会いできますように。

あと、下記の曲、よかったら聴いてみてください。僕は唯一ラジオにずっと支えら
れて来たんですが、この曲も、コメントをさせて頂いた19日の深夜にラジオで初めて
聴いた曲です。下記の曲にも参加している「百花繚乱」という方の番組で聴きました。
 「離れていても繋がっている」それを教えてくれたラジオは、誰よりも僕を
支えてくれた友でした。「Blessing singers ver.B」 http://youtu.be/t65q-8gSIjE
2014/04/24 9:51 PM posted by: 月ノヒカリ
猫助さん、再びこんばんは。

猫助さんの文章は論理的で読みやすく、とても好感が持てます。
しかしやはり、若い方だけあって、ピュアというか、純粋ですよね。もうすでに汚れきった年寄りには、ちょっぴり眩しい存在です(笑)

>「とりたてて何の役にも立たない」って、そんな事ないです。

え〜実はこのブログ、読者の方からは「実用性がない」ことで定評があるのですよ。(ただ、その言葉も一種の「誉め言葉」だと私は受け取っています。「実用性はないけど、あると嬉しい」というものも存在しますから。)

このブログも「ダメ人間のためのブログ」をタイトルに掲げて、思いっきり自虐ネタをやってますし。ブログ主の自己評価が低いのは事実ですが、齢を重ねるごとに、それをネタにするくらいの図太さは持てるようになりました。

しかし、そんなブログを若い人が読んで、どんな影響を受けるのか?
そこまでは、私にもわからなくて、ちょっと心配になるのですね。「悪影響」を与えてなければいいのですが。


>今ブログやツイッターをしている若い人たち

え〜と、具体的にどういう層を指しているのかわかりませんが、私が過去に関わってきた若い人たちは、礼儀正しい人が多かったです。
一方、ツイッターでは、中高年も感情的になって他人に罵声を浴びせる姿も目にしますので、年齢の問題ではない気もしますね。

話が逸れましたね。本題に入ります。

>自分と向き合い、心の動きや行動を冷静に綴りながら、
>答かなにかに少しずつ近付いている

「自分と向き合う」。大事なことだと思います。私自身、他人に対して攻撃的になる人よりも、自分自身を見つめることができる人の方が信頼できると感じます。

ただ「自分と向き合う」って、やり過ぎると「底なし沼」にはまるんですよ。終わりがないし、キリがない。
一瞬「光が見えた」と思ったら、次の瞬間にはまた闇の中へ。そんなことの繰り返しでした。
もちろん、そういう状態から、見えてくる景色もあるわけですが。
なので、「自分と向き合う」のはほどほどに、場合によっては逃げるのもありだし、ちょっと自分のことは忘れて「気晴らし」する必要もあります。


>「森田療法」

本で読んだことはありますが、治療を受けたことはないので……我流で実践するのは難しそうですよね。
前回のレスで、「神経症についてはわからない」と書きましたが、自分にも一部当てはまりそうな面(潔癖症とか)はありますね。

統合失調症については、過去エントリでちょっとだけ書いたことがあります。
http://newmoon555.jugem.jp/?eid=246

私もまた、「病名」は医療を受けるための便宜上のものだと考えています。
病名にとらわれ過ぎるのはよくないですよね。猫助さんのコメントを読んで、改めてそう感じました。


>こんなにも温かいお言葉をかけて頂いたのは、
>自分の記憶にはありませんでしたので。

ここを読んで、むしろ私の方が、胸が痛くなりましたよ……。
猫助さんはこれまで、よっぽど心が張りつめた、緊張した状態で過ごしてこられたのですね。

でも、猫助さんは、これから先もっともっと、たくさんの素敵な言葉や素晴らしい人に出会えるはずです。
どうかこれからも、ご自身のお体をいたわりつつ、自分が「心地良い」と感じる方向へ歩いていってください。

>「Blessing singers ver.B」 http://youtu.be/t65q-8gSIjE

ブックマークしました。素敵な歌を教えてくださって感謝です。

コメントありがとうございました。またお会いできますように。
2014/05/03 11:57 PM posted by: 猫助
こんにちは。...ふぅ、今日はつかの間の休息がとれました。
またこうしてここに来ることができて、ひと安心です。ほっとしました。

でもやっぱりこれからは、ますます心身ともに負荷が大きくかかる状況となりそう
です。あぁ、考えるだけで頭がパンクしてしまいそうです。まあここを乗り越えれば
少しは成長できるのかなぁとも思うんですけどね。

>猫助さんの文章は論理的で読みやすく、とても好感が持てます。

論理的というか、頭が固いのです。悲しい事に。「読みやすく」「好感」なんて恐縮
ですっ。そんな事言われ慣れなさすぎて、逆に言われると怖いです。
 なんか裏がありそうとばかり考えて...ってこんな風に考えてる事自体が神経症
なんです(汗)思考回路が歪んでるんです、自分は。自分を認める事が本当に苦手
で。こんな自分にも、他人から見た魅力なんて何かあるのでしょうか??
 

>純粋...?そう、ですか?どこがそう見えるんでしょうか。自分は10代で神経症
になって、すでに心が相当腐敗してますよ。子どもの頃の笑顔の写真なんか見ると、
もう悲しくなります。ただ、心のどこかに「純粋でいたい」という思いは多分あります。
齢を重ねて、逆に幼稚化してる部分も確かに自覚がないわけではないですが。

>「悪影響」を与えてなければいいのですが。

全然心配要りません。そもそも月ノヒカリ様のブログを見たいからここにいます。
嫌ならとっくにいません。見るのも去るのも自由ですからね。大好きなブログです。
 あと、ツイッターの件、すみません。自分が言いたかったのは、若くして心を病んで
いる同世代があまりにも多くて、その現実がネットでは顕著に現れ、異常な状況に
この国がなっているという事です。何もしてあげられなくて悔しいんです、いつも。
死にたいって言ってる人も救えないんです、僕には。決して年齢で差別したかった
わけではありませんので。言い方が悪かったのかもしれません。すみません。

>ただ「自分と向き合う」って、やり過ぎると「底なし沼」にはまるんですよ。

もうすでに何年もはまっています(汗)気晴らしが大事なのもよく分かっています。
逃げることは、今の時代は特に大事です。自己防衛は必須です。自分もそうしてきま
した。ただ、一度はどん底にまで落ちて自分と向き合わないと、次に進む道が見えて
きにくい気もします。つらいなら、一度思いっきり泣いた方がすっきりしますね。

>「森田療法」

これこそ、下手に理解しようとするのは危険な領域です。...ごめんなさい、
月ノヒカリ様はやっぱり読まないで下さいね。自分は10代の頃、図書館や本屋さんで
精神関係の本を何十冊も読み漁りましたが、神経症はまさに「底なし沼」です。
治したいと考えれば考えるほどますます悪化するので、たちがとても悪いです。
自分は根治法を知っているものの、月ノヒカリ様が仰る通りで実践は相当難しいです。
入院が一番ですが、現実的に難しいですからね。頭で考える事を断ち切る、これは
自分一人では難しいものです。でもヒントはまさに「気晴らし」にあります。何かに
夢中になれるようになれば、自然と問題は消えてゆきます。そもそも戦っちゃいけない
んです。神経症患者の相手は、他でもなく自分ですから。

>たくさんの素敵な言葉や素晴らしい人に出会えるはずです。

ありがとうございます。でも、そういう明るい励ましを頂くとますます暗くなっちゃう
んです...うぅ、情けないですね。僕は幸せを遠ざけてしまうので。でも大丈夫です。
堕ちる所まで堕ちた人間ですので、ささいな事でも幸せを感じれますから。
夕陽を見ながらそよ風にあたっているだけで、とても感傷的で懐かしい気持ちになった
り、窓を開けて夜風を感じながら昔のラジオの録音を聴いたり...これで十分幸せです。
 あと、月ノヒカリ様から返答を頂けるだけでも、本当はすごくうれしいんです。
優しいお言葉の一つ一つが、心の支えとなってくれている感覚です。

曲の方、気に入って頂けてうれしいです。他にも素敵な曲がありますので、いつかまた
お教えしたいです。ラジオがずっと伴侶でしたので、音楽とも仲良くやってきたんです。

今回もありがとうございました。今度落ち着くのは何週間後だろう...。
でも、またお会いできますように。今年も紅白見れるといいですね♪
マイペースに、気長にを心掛けます。ではまた。どうかご無事で。
2014/05/04 8:20 PM posted by: 月ノヒカリ
猫助さん、再びこんばんは。

えっと、こんなに何度も同じエントリにコメントをされても、私としてはもうレスに書くことも思いつかないのですが……コメントは拝読いたしました。
事情はわかりませんが、ご健闘をお祈りします。
2015/09/15 12:06 AM posted by: あかり
私も、結構な非コミュでした(笑) こちらでチェックさせて頂きましたら。
今は、職場と 常連?で通ってる洋服屋さんの定員さんと、占い師さん、あと数少ない友人知人、家族しか話し合い手いねぇよって感じです。

私は、対人恐怖、対面恐怖、人間不信と人間嫌い、無関心が災いして、人とコミュニケーションとるのが、年と共に億劫になってきて、仕事以外は自宅にいます。

空しいから、抜け出したいけど、生きるって大変ですよね。

最近、こぅ考えるようになりました。

人間付き合いが向いてる奴もいれば、向いてない奴もいるって。

私は 人間的魅力が薄いから、人に気付いてもらえないのだと。

そぅ考えて 無理せず、ダラダラ仲良くなれそうな人 探して行こうと思ってます。
2015/09/16 8:32 PM posted by: 月ノヒカリ
あかりさん、はじめまして、でしょうか。

>職場と 常連?で通ってる洋服屋さんの定員さんと、占い師さん、あと数少ない友人知人、家族しか話し合い手いねぇよ

いや、それだけ話し相手がいるなら、全然非コミュじゃないですよ。少なくともこのブログ主に比べたら。私は基本、PC以外話し相手はいません(笑)

「人付き合いに向いてない人間もいる」という話、同感です。
空いた時間で、その分自分の好きなことができるというメリットもありますし、非コミュっていうのも悪くはないよね、というのが、このブログに来てくださった非コミュの皆様の総意です(笑)

あかりさんもどうぞ安心して、非コミュ道を突っ走ってください。
コメントありがとうございました〜。
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Twitter(生存確認用)
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM