2015.01.07 Wednesday 23:15
映画『ゴーン・ガール』を観てきた。
とある夫婦の結婚記念日に、妻が失踪するというミステリータッチのストーリー。
映画評論家の町山智浩さんが「アカデミー賞候補!」と絶賛していたのでちょっと期待していたんだけど……正直、私はあまり好きになれない作品だった。
原作はイヤミス(イヤーな気分になるミステリ)のベストセラーらしいので、後味が悪いのは、仕方ないのかもしれないけど。

ただ、ストーリーの中で、ちょっと引っかかる部分があった。
というのは、失踪する妻エイミーは少女時代、母親の手による絵本『アメージング・エイミー(完璧なエイミー)』のモデルになっていた、という設定だ。エイミーは「理想の少女」として描かれ、その絵本はベストセラーに。でも現実の彼女は、絵本のエイミーとは程遠い、凡庸な少女に過ぎなかった。その絵本の存在が、彼女にとって抑圧になっていたということは、想像に難くない。
映画の中でエイミーはおそらく三十代なので、タイトルに「ガール」という単語が入っているのは、少し奇妙ではある。おそらくこの「ガール」というのは、絵本に「理想の少女」として描かれた、子ども時代のエイミーを指しているのではないか。

そう考えると、『ゴーン・ガール』のエイミーに、『アナと雪の女王』のエルサと重なる部分が見えてくるのだ。
『アナ雪』の主題歌「Let It Go」には「Be the good girl you always have to be」とか「That perfect girl is gone」という詞が出てくる。王位継承者である王女エルサにかけられた呪縛(「いつもいい子でいなきゃいけない」)と、そこからの解放(「完璧な女の子なんてもういない」)。『アナ雪』でもっとも感動的なシーンだ。
子ども時代に、「いい子でいなきゃいけない」という抑圧が強かった人にとっては、突き刺さるものがあるのではなかろうか。
いや、子ども時代だけではなく、今現在も、「周囲の目や世間体を気にしてしまって、思うように振る舞えない自分」からの解放を、心の奥底で求めている人が多いからこそ、「Let It Go」のヒットに繋がったのだろう。

しかし、親の期待や世間体に迎合するのを止めて、「ありのままの自分になる」というテーマ自体は、とりたてて新しくもオリジナルなものでもない。
じゃあどうして、このテーマは、今の時代に生まれる様々な物語の中で、繰り返し語られるのだろうか。

たぶん、答えが一つではないからだ。
『ゴーン・ガール』のエイミーと『アナと雪の女王』のエルサ、二人の選んだ道は、それぞれ異なる。その詳しい内容については、ここでは触れない。
ただ、エイミーとエルサ、二人には共通点もある。「失踪」だ。つまり、人生のある時期に、それまでの生活圏からの離脱を選んだことだ。

世の中には、親の期待通りの「いい子」のまま大人になって、そのまま矛盾なく「いい人」として生きていける人も、もしかしたらいるのかもしれない。
でも多くの人は、どこかの時点で、世間や親の期待に窮屈さを感じて、それまでの自分の殻を脱ぎ捨てなければならなくなるのではないか。

周囲が望む「いい子」でいるのをやめること、それ自体はそれほど難しいことではないように思う。しかし、「いい子」でいるのをやめた後、どっちに向かって進み、どこに着地すればいいのか。
この問いに答えるのは難しい。

ただ、大まかな方向性は、示すことができるのではないかと思う。
つまり、「誰かに従うこと」から「自分の欲望を知ること」へ。
「should」や「must」ではなく「want to」へ。
でもこれが、意外と難しい。
少なくとも私は、本当は何をしたいのか、自分の欲望の在り処がどこにあるのか、実は私自身にもよくわかっていない。

もちろん、小さな欲望なら、幾らか思いつく。
「アイスを食べたい」とか「あの本を読みたい」とか、そういうの。
でもそれ以上の欲望、例えば「これから自分はどう生きていきたいか」という問いへの答えは、よくわからない。
もし自分が健康だったら、それとも過去のトラウマがなければ、あるいは大金持ちだったら、もっといろいろなことを素直に欲望できたんじゃないか――という思いはある。
でも、現実の私は、様々な制約の中で生きていかなければならない存在だ。
身体的、経済的、その他さまざまな制約のある中で、「欲望」を見出さなくてはならない。

「欲望」について、精神科医の斎藤環は、ちょっと興味深いラカンの言葉を引用している。「欲望は他者の欲望である」という言葉だ。
つまり、私たちが自分だけの欲望だと思っているものには、他人の欲望が紛れ込んでいる、というのだ。
そして「他者の存在のないところに欲望は生まれない」のだとも。
だから、家族以外の人間関係を持たないひきこもりの人たちは、欲望を持つのが難しくなる。
「欲望」と「義務」の区別が曖昧になってしまう。
つまり、「働きたい」のか、あるいは「働かなければならない」と思っているのか、自分でもよくわかっていない状態で、身動きが取れなくなるのだと(斎藤環『ひきこもりはなぜ「治る」のか?』より)。

このあたりの話は、私自身も思い当たることがある。
私は長い間、自分の「欲望」がよくわからなくて、だから常に「義務」をベースに動いてきたように思う。
それも行き詰まって、身動きが取れなくなったわけだけど。

前出の本で斎藤環は、ひきこもっている人が自分の欲望の形に気づくために、まず他者と出会うこと、家から出て他人と交わることが必要なのだと述べている。
これに賛同する「常識人」は多いのではないか。
私自身もおそらくそれが正しいのだろうという思いはあって、だからひきこもっていたときも、可能なときは外出して、人と話す機会をつくるよう心がけてきた。でも私は、「外へ出て人と会う」ことで、自分の欲望を呼び起こしてくれる他者に出会うことはなかった。

転機は、ネットの世界にあった。
私が「好きでやっている努力」は、このブログが初めてで、それ以外は思いつかない、という話は、前にも書いたことがある。それまで特に文章を書いた経験もなく、自分を表現するのも苦手な私が、わざわざブログなんて面倒なものを書こうと思ったのは、いくつかの複雑な経緯があったからだけど……そのひとつは、ネット上で、とある人物と出会ったことがきっかけだった。

その人とは、ネット上でごくわずかやり取りをしただけの関係で、ハンドルネーム以外、どこに住んでいるのかも、何をしているのかも、謎の人物だった。しかもまったくの無名人だ。ここに詳しい経緯を書くつもりはないけど、その人との言葉のやり取りによって、私は自分の中に眠っていた欲望を呼び起こされたのだった。
その後、さらにちょっとした紆余曲折を経て、ブログを書こうと決心して、今に至るわけです。

まあこの弱小ブログなんて、自分以外の人間にはさほどの価値のないものだということは、わかっているつもりだ。 けれども5年半前に、読者数ゼロの状態で書き始めた当時と比べたら、ずいぶん遠くまで来たな、という思いはある。自分の考えていることを発信したら、見知らぬ人、一度も会ったことのない人が、それに反応してくれるのだから。

これって、ある意味、ちょっぴり希望のもてる話じゃないかと思うんですよ。
つまり、ひきこもりの人が家でネットやってるだけでも、自分の「欲望」に出会う可能性はあるのだ。
その生きた実例が、私です。


ただ、ここが肝心なんだけど。
自分の欲望を喚起されたところで、それで世界が一変するわけではない。
すべてを覆す魔法の呪文なんて、現実には存在しないのだから。
欲望を手にした後、それを実現するためには、自分の足で歩いていかなければならないのだ。
つまり、そこから本格的に「努力」を始めなきゃいけないわけです。

だから、ひきこもっていて、自分が何をしたいか、これからどうすればいいかわからなくても、何かしらのトレーニングは、できる範囲でやっておいた方が良いと思う。文字通り、体力を維持するためのトレーニングもそうだけど、知的なトレーニング、つまり読書とか、思いついたことをノートに書き留めるとか、そういったことも含めて。
それは無駄になるかもしれないけど、後々活きるかもしれないから。

実は私も、今よりもっと若い頃は、何かものすごい体験をしたり、素晴らしい人物との出会いがあれば、どこか遠い世界に連れて行かれるように、自分の人生も一変するのではないか――という幻想みたいなものを捨て切れなかったんだけど。
でも、そんな都合のいいことは、やっぱり起こらないのだ。
一歩一歩自分の足で歩くこと。ごく小さな行為を積み重ねること。ひとつひとつ石を積み上げていくこと。そうしなければ現実は変えていけないのだと、はっきり自覚できるようになったのは、本当にここ数年のことだ。

「いい子でいること」から解放された後、どこへ向かうのかは、人それぞれだと思う。
常識的な人は、「ネットをやめて、外へ出て人と会いましょう」みたいなことを言ったりするけど、必ずしもそれが正しいとは限らない。他人から見て「間違ったやり方」であっても、自分にとっては正解である。そういうこともあるんだと思う。

ただし、自分の欲望に出会った後、「自分の足で一歩一歩、歩いていかなければならない」ということ。これは、すべての人に共通する、誰もが通らなければならない道なのではないか。
救いがあるとすれば、「欲望」をベースに歩き始めたら、「義務」をベースに歩いていたときよりも、一歩一歩がちょっとだけ楽しい、ということだ。

そうして歩いていった先のどこかで、「欲望」と「義務」が重なり合う地点にたどり着けるのではないだろうか。
其処こそ、人がもっとも幸せに生きられる場所なのではないか。
(『アナ雪』のエルサが最後に着地したのも、「欲望」と「義務」が交差する地点だった。)


えっと、『ゴーン・ガール』の話から、ずいぶん遠くに来ちゃいましたが……ていうか、個人的に『ゴーン・ガール』の結末にはドン引きしてしまったので、あれはないわーという思いが、この長文エントリを書かせることになったのですが。

まあそんなことを、ブログを始めて5年半が過ぎた今、考えているのです。

       




| ●月ノヒカリ● | その他雑文 | comments(6) | trackbacks(0) |
2017.12.12 Tuesday 23:15
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2015/01/09 6:20 AM posted by: きつね
いやぁ、アナ雪って本当に素晴らしい映画ですね! ゴーン・ガールから話を始めてそこに辿り着くかと。
映画は鏡である、って言葉が私は好きなんですけど、ヒットしている映画はその社会の心性を映している、って方ではなく、映画は見る者の心を映す鏡である、って方ですけど、エルサの結末に月ノさんはそういうことを見るのだなあと。優れた映画には見た人それぞれが自身の心を映せるように余白がとってある。これは月ノさんが少し前に書いていたチラリズムの話にも通じることで、アナ雪の制作者もインタビューで言っています。エルサ側の受けとめ方にもいろいろあるなあと。

レリゴーしたいちゃい感が日本の女性にたまっているのではないかというのは宇多丸さんの「紙の月」評でも言われていたのですが、そういうのあるんですかね?

ゴーン・ガールはレボリューショナリーロードとかブルーバレンタインのような結婚生活破綻ものとして見れば面白いのかと最初は思ったのですけど、それも少し違って、恐妻おしどり夫婦もののアップデート版てことでしょうね。鬼嫁日記的なやつの系譜。喧嘩するほど仲が良いのサイコ&ブラックジョーク版。そう思えば面白いような気もしないでもないけど、前情報なしに見たひとにはそれが判りにくすぎる。ってのが問題だと思います。しかしまあ、これは作りの話なので、また自分のブログにでも書いときます(笑)




2015/01/09 5:15 PM posted by: さおりん
こんにちは☆
私もゴーンガール観て来ました!
エルサとエイミーが似てるっていうのはなるほどですね。

月ノヒカリさんは、映画のエイミーに共感しましたか?
もちろん、旦那に殺人の罪着せるとか、エイミーの行動は異常だと思うんですけど、、、
でも「セクシーで素敵な男性と結婚して、その夫から愛されて暮らす妻」っていうストーリーを作り上げて、そのストーリーを完成させることが自分の人生の生きがいになってる、っていう心理は、結構あるあるじゃないかと思ったんです。
例えば「転職市場で引っ張りだこのエリートサラリーマンとして着実にキャリアを積む」っていうストーリーに自分の人生を当てはめてる男性とか、「良妻賢母として夫や子供をサポートする」自分に酔ってる女性とか、エイミーの精神状態って結構よく見られるものだと思ったんですけど…
あまり周りで共感したって感想聞かないので、月ノヒカリさんどうだったかな〜?って、ちょっと聞いてみたくなりまして。^ ^

一緒に観た彼は「女怖ぇ…」ってひたすら怯えてました(笑)
2015/01/10 9:56 PM posted by: 月ノヒカリ
きつねさん、こんばんは〜。

ぐちゃぐちゃ考えながら文章を書いていると、自分でも思いもかけない結論にたどり着くことがたまーにあるのですが、今回もそうなりましたね。

エルサの結末は、私にとっては微妙な面もあるというか、手放しでハッピーエンドを喜べないんですよね。
私が影響を受けたブログの「アナ雪」評にも書かれていることなのですが。↓

■『アナと雪の女王』にかかったジェンダー観の砂糖衣
http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20140413/p1

■理想宮か、公共彫刻か?〜『アナと雪の女王』(ネタバレあり)
http://d.hatena.ne.jp/saebou/20140515/p1

つまり、あれだけ美しく壮麗な氷の宮殿を創り出せる女性が、最終的にはその力を「スケートリンクをつくって皆に喜ばれました」という、ささやかなレベルでしか活かし得ないというラストに、一抹のほろ苦さを感じたんですよね。
逆説的だけど、エルサは「氷の宮殿の孤独な女王として君臨し続ける」というストーリーもあり得たんじゃないか、などと想像したりして。
でもまあ、ディズニーなんだから、あまりにも反社会的な結末にはできないのだろうなーとも思ったり。

レリゴーしちゃいたいというのは、日本だけじゃなく世界中の女性が思ってることかもしれません(そういう感覚がより伝わるのは、日本語版よりも英語の歌詞の方でしょうね)。


>ゴーン・ガールは……恐妻おしどり夫婦もの

そ、そうなんですか!?
いや、私にはあの夫婦、とっくに破綻してるようにしか見えなかったんですけど……。
きつねさんのおっしゃる他の映画を観てないので、比較するのは難しいのですが。
私がエイミーだったら、あれはもう離婚の一択ですよ。「ウソ家族」過ぎて、自分だったら耐えられません。まあ本人たち(ニックとエイミー)は好きにすればいいと思うけど、子どもは可哀想というか、そんな親の元に生まれるのはいい迷惑でしょうね。
すいません、私、「ウソ臭い幸せ家族もの」にはかなり辛辣になります(笑)

コメントありがとうございました〜。またきつねさんのブログにもお邪魔しますね。
2015/01/10 10:07 PM posted by: 月ノヒカリ
さおりんさん、お久しぶりですー。
「ゴーン・ガール」ご覧になったんですね。

>月ノヒカリさんは、映画のエイミーに共感しましたか?

うーん私は、子ども時代に、親に「完璧なエイミー」として絵本に描かれたというエピソードについては、ストレスが大きかっただろうなあと思いましたが、それ以外はあまり共感できませんでしたね。


>……ストーリーを作り上げて、そのストーリーを完成させることが自分の人生の生きがいになってる、っていう心理は、結構あるあるじゃないか

なるほど、そうかもしれませんね。
確かに、「自分の人生のストーリーをつくって、それを完成させようとする」ような生き方は、それ自体は間違ってないと思うんです。いや、人間が生きていく上で、自分が納得できるストーリーは必需品なのかもしれない。

でも、「自分の頭の中で描いたストーリーがそのまま現実になる」ことはまずなくて、たいていの場合、生きていくうちに少しずつ修正しなければならなくなると思うんです。
自分に酔っていても、いずれ酔いは醒めるのだから、醒めた時点で「ストーリーを書き換える」作業が必要になってくるんじゃないかと。

エイミーの場合、夫との関係は、実質的には破綻してますよね。
私がエイミーだったら、離婚の一択しかあり得ないんですけどねー。
とりわけ子どもにとっては、親が自分に酔うためのストーリーのダシにされるのは、たまらなく迷惑な話だと思うんですよね……。

でも現実の人間関係は、そんな簡単に割り切れるものではなくて、だから内実は破綻してても、見かけ上は「うまくいってるふり」をしている家族は、意外と多いのかもしれません。

私は「ゴーン・ガール」みたいな夫婦関係は耐えがたいので、結婚や人生に向いてないのかもしれませんね(笑)

コメントありがとうございました〜。それではまた。
2015/01/11 10:46 AM posted by: きつね
 いや本当に、それぞれがもともと持っていた問題意識を勝手にそこに読み込んでいくのが面白いですね。私はひとのレビューを読むのがめちゃくちゃ好きなんです(笑) 私みたいに作りを見ちゃうひとからすると、行って帰ってくる話は単にそれが黄金パターンだからやっているだけで、メーテルリンクの青い鳥みたいな、帰ってくるところに突っ込みを入れるのはナンセンス、それもディズニー映画に、っていうのは確かにあるんですけどね、前作「シュガーラッシュ」もそういう話だし、作り手にそういう社会派っぽい感覚は100%ないと断言できるんですけど、しかしまあ、そういう風に見るひとが常に一定数いるっていうのも織り込み済みなのかなっていう。
 なんかいろいろ他作品の連想を考えちゃいました。アナ雪と違いめちゃくちゃ仲の悪い姉妹の話なら「腑抜けども哀しみの愛を見せろ」、レリゴーしちゃったけど本当は平凡な主婦だから戻ってこれなくなるひとの話が「紙の月」、両方とも吉田大八監督です。レリゴーしたわけじゃないけど行っちゃったままの「シザーハンズ」とか。メアリー・シェリー「フランケンシュタイン」は特別な才能があるわけではないですしね。ちなみに「シザーハンズ」を作ったティム・バートンは若いころに「フランケン犬」ていう怪しい映画を作ってディズニーをクビになりました(笑) 「x-menファーストジェネレーション」っていう映画はわりと参照先ブログの方々が云わんとする主題な気がするんですけど、これはマーベル映画なのであんまり女性が見る感じではないかも。「おおかみこどもの雨と雪」の雨はレリゴーしたことになるのかなとか。細田監督の新作は「ばけものの子」ってタイトルらしいんですけど、主題がこれ系かは謎です。特別な才能があってレリゴーしちゃって戻ってこなくて、かつ、一定の評価を得ている作品てあるのか私も知りたい。
 家族崩壊の話なら「アメリカン・ビューティー」とか。
 すいません映画好きが単に連想したことを書き連ねているだけになってしまいました(笑) まあ、レス不要ぐらいののりで、そんな映画もあるんだーぐらいののりで聞き流してください。では、おじゃましました〜(笑)

2015/01/14 12:17 AM posted by: 月ノヒカリ
きつねさん、再びこんばんは〜。
物凄くたくさんの映画を観ておられるんですね。
私はまったく観ていない映画ばかりなので、大まかな話のみレスします。

確か宮台が書いてたことですけど、「現実から離陸して、カオスを経験して、またもとの現実に戻ってくる」のがエンターテインメントで、「もはや以前の着地面には着陸できないようにする」のがアートなのだと。
この場合、「もとの現実に戻ってくるかどうか」が問題になっているのは、登場人物ではなく観客の方でしょうが……個人的には、シネコンの映画は前者が、ミニシアター系の映画は後者が多いんじゃないかと思ってます(偏見かもしれませんが)。
自分の深部が揺さぶられるような映画って、そんなに多くはないです。
ましてや映画を観終わった後、観る前とは価値観がまったく変わってしまった、などという体験は、さらに少なそうです。
このブログで紹介した映画は、自分なりに心を揺さぶられた映画ですが、それも自分の中の何かが変化したというよりは、もともと自分が持っていた要素を補強してくれる部分に反応しただけ、という気がしてきました……。

えーと、なんだかややこしい話になりそうなので、これについてはまた機会があれば(笑)


>特別な才能があってレリゴーしちゃって戻ってこなくて、かつ、一定の評価を得ている作品

これに当てはまるかどうかわかりませんが、「アバター」はそんな感じじゃないかと。
主人公が現実を捨てて仮想現実の世界を選ぶ、という結末ですから。

私は、「主人公がレリゴーしちゃって戻ってこなくて、なおかつハッピーエンド」という映画があるなら、ぜひ観てみたいです。(あ、よく考えたら「アバター」ってハッピーエンドかも?)

ではでは、この辺で。コメントありがとうございました〜。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://newmoon555.jugem.jp/trackback/457
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM