2015.03.24 Tuesday 23:21
珍しく将棋ネタです。
ずっと前にも書いたけど、かつて私も、将棋にハマってた時期があったんです。羽生名人が七冠を取った頃だから、二十年ほど前のことでしょうか。
ただ、残念ながら自分のアタマのレベルでは、将棋の面白さを理解できなかったので、プロ棋士たちの人間ドラマみたいなものを愛でるだけで、マイブームは終わってしまいました。

でもつい先日、本棚の奥から、当時読んでいた将棋の本が見つかって。懐かしくて読み返したら、ちょっと面白い将棋の戦法(?)が書いてあったので、ここでご紹介します。

ネタ元は『棋翁戦てんまつ記』(集英社、1995年刊)、作家同士が将棋の対決をする企画を本にまとめたもの。
この本に出てくる、夢枕獏 vs. 船戸与一の将棋対決に、常識はずれのトンデモない駒落ち戦が登場するのです。

将棋を知らない人には理解しづらい話かもしれませんが、一応説明すると。
将棋では、対戦する二人に棋力の差があり過ぎるとき、ハンデをつけるために、上位者の方が自陣の駒をいくつか取り除いて、勝負することがあります。これは「駒落ち」といって、プロ棋士がアマチュアに指導対局する際、よく用いられる手合いです。

そんで、『棋翁戦てんまつ記』中の「夢枕獏 vs. 船戸与一」の将棋に話を戻しますと。
もともとの棋力(将棋の強さ)は、夢枕獏氏の方が上らしいんです。
それなのに船戸与一氏は、「自分が駒を落とす」と言って、夢枕獏氏に挑戦状を叩き付けたのです。
いったいどんな意図が隠されているのか?

この将棋の観戦記を、作家の逢坂剛氏が書いているのですが、これが時代小説風の名文なので、一部引用します。
人名も時代劇風に、船戸与一=与一兵衛、夢枕獏=獏之進となってます。
では、二人の対決の始まるところから。
……
 対局が始まるやいなや、与一兵衛の仕掛けた恐るべきからくりが、たちどころに明らかにされた。なんと言おう、神もご照覧あれ、こんなことがあってよいものか。これはまさしく、天人ともに許されざる奸計というべきである。
 与一兵衛は、いきなり自陣から2七の歩を取りのけ、傲然と言い放ったのだ。
「特別の慈悲をもって、2七の歩を落としてつかわす。じゃによっておれが先手だ。覚えたか!」
 このとき早くかのとき遅く、与一兵衛は自陣の飛車を一直線に敵陣へ、成り込ませていた。あっと驚く2三飛成である(図1)。

2三飛成
「なぬなぬ」
 獏之進の間延びした声が、緊迫した奥座敷にすかしっぺのように漂った。剛右衛門も辰太夫もあっけにとられ、ただ盤面を見つめるのみ。
「卑怯な……」
 辰太夫がうめくように言ったが、与一兵衛にじろりとにらみつけられ、あわてて茶に手を伸ばす。腕っぷしでは辰太夫、与一兵衛に太刀打ちできない。
「待ってくれ、船戸屋。これはあまりに……」
 やっと事情を飲み込んだ獏之進が言いかけるのを、与一兵衛はにべもなくはねつけた。
「なに、待っただと。将棋に待ったがあるならば、小説の締め切りをだれが守る」
 集英舎吃九もしかたなげにうなずく。
……
   (『棋翁戦てんまつ記』P.95〜97)

ここ読んで私、爆笑しちゃいました。

再び説明すると、普通は「駒を落とした方が不利」になるはずなんです。一般的には、駒を一枚落とすとしたら、「飛車落ち」か「角落ち」と相場が決まっています。
でも、飛車先の歩を落として、1手目から飛車を敵陣に滑り込ませるとは……あり得ない。
ちなみに、「駒を落とした方が先手」というのは、公式ルールとしてあるんですけどね。

本にあった注釈によると、この戦法は、豊臣秀吉が伊達政宗を相手に指したとき、どうしても勝ちたくて発明した必殺技、その名も「太閤おろし」と呼ぶのだそうで(本当か?)。

将棋を指される方は、ぜひぜひこの戦法、実際に試してみてください!

ただひとつ難点は、この卑怯な必殺技を使った上で、万が一負けたら、かなりものすごく恥ずかしいことになるだろうな、ということです(実はこの勝負でも途中、船戸与一氏の形勢が悪くなり、船戸氏が脂汗を流すシーンも……)。

ちなみに、夢枕獏氏は、最初に船戸与一氏から「駒を一枚落とす」と聞かされたとき、落とす駒は「玉」だと思っていたそうです。なるほど、それもありかも(笑)

どちらも一度きりしか使えない奇策ですが、将棋を指される方は、ぜひチャレンジしてみてください☆
(万が一棋友を失う結果となっても、ブログ主は責任を負いかねます。)






| ●月ノヒカリ● | ネタ・企画 | comments(11) | trackbacks(0) |
2018.11.29 Thursday 23:21
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2015/03/25 12:45 PM posted by: ららら
将棋は難しそだな、というイメージがあります。
羽生さんが凄いモテはやされていた時に、私は全く
何の関心も持ちませんでした笑

ある時、NHKの番組で羽生さんのインタビュー場面を
見かけたんです。

羽生さんは、試合前に、相手がイラッとするような
音を立てたりする姿がVTRにあって、それを見て、
私は ハッとしたんですよね。

相手に平常心を失わせたりする そもそも実力とは関係
のない所で戦いがあって。
何かに勝てる人っていうのは、それ そのものの実力
がある人だとは限らないという気がしたのです。

例えば 仕事を教わる時、上司が身体の一部を触って
きたりすると、仕事の理解が低まる気がしました。

月ノヒカリさんの この記事で おっしゃりたい事と
違ってしまって スミマセン。

ゲームでも仕事でも恋愛でも、なんといいますか、
フェアな戦いって 本当に存在するのかな?
という事はよく考えます。
2015/03/27 10:49 AM posted by: ららら
連投すみません。

職場で例えば、仮に、少し身体が弱いから、といって考慮してくれて時間を短縮してくれたり、周りが気遣ってくれたり、という事が現実では あるのかもしれません。

私は 一緒に働く人の中に、病気を抱えながら働く人と
話をして、なぜだか、その人よりは健康な自分が その職場を去らなければいけない気持ちになりました。

居場所は、きっと あると思います。(月ノさんの方にこそ)
2015/03/27 11:10 PM posted by: 月ノヒカリ
らららさん、こんばんは。

かつて読んだ将棋の本に、一流のプロ棋士になるには、ただ単に将棋が強いだけではなく、周囲に「コイツは強い」と認められることが必要、と書いてありました。
対戦相手に「強い」と思われたら、ここぞというときに相手が勝手に転けてくれる。その結果さらに勝率が上がる。ということらしいです。

将棋のようなルールがしっかり決まっている勝負事でさえ、実力以外の要素が勝敗に関係するくらいだから、ましてやルールの決まっていない他の分野では、「フェア」を実現するのは相当難しそうですね。

今はコンピュータ将棋も強くなってますから、フェアな勝負を見たいなら、コンピュータとの対戦の方へいくのでしょうね。
でも、人間ドラマの面白さみたいなものは、コンピュータ相手では失われそうで、どっちがいいかは一概には決められませんね〜。


「居場所」の問題については、自分もずっと模索し続けてきたことで、今後も模索し続けることになるだろうな(職場であれ、他の場所であれ)、と思ってます。

コメントありがとうございました。それではまた。
2015/03/31 2:23 PM posted by: 山田◎σ
将棋の話題があるとは。
私の地元は大山名人(世代の違いがわかりますね)の出身地で、父も将棋を指していたりして、親近感があります。獏さんが将棋を指されるというのも初耳で、おもしろい情報です。
私自身は、中1のときに将棋クラブに参加していましたが、その後囲碁に転向しました。

将棋というのは剣戟のようなもので、戦いから逃げるという選択はほとんどないと思っています。
それに比べて囲碁は、その場で戦おうとしている相手を避けて、別の場所で戦えます。

もしかしたら、中二の時に生き方の大きな選択をしたのかもしれないなぁ。

栗本薫の項目(2009年頃のブログ)を読み直していたので、ちょっと内省傾向です。
2015/03/31 11:47 PM posted by: 月ノヒカリ
山田◎σさん、こんばんは。

大山名人は、私にとっては「歴史上の人物」という感じで、現役時代を知らないんですよね。

山田◎σさんは、将棋から囲碁に転向されたんですね。
両方を経験されている方から見た両者の違いの話、興味深いです。

>将棋というのは剣戟のようなもので、戦いから逃げるという選択はほとんどない
>囲碁は、その場で戦おうとしている相手を避けて、別の場所で戦えます。

なるほど、確かにこれは「生き方」にもつながる話だと感じます。
自分にとってしっくりくる戦い方ができそうな道を選択するのが一番なのでしょうね。

このブログの過去記事は、今となってはギャーと叫びたくなるような文章も多々ありますが……それでも読んでいただけるのは有り難いものです。

コメントありがとうございました。それではまた。
2015/04/01 1:15 PM posted by: 山田◎σ
>>このブログの過去記事は、今となってはギャーと叫びたくなるような文章も多々ありますが……それでも読んでいただけるのは有り難いものです。

サラッと書かれたこの文章を反芻していて、もしかして深いかもしれないと思いコメントです。
特に20年前の梓さんと出会った頃のことをまとめようと思っている自分と比べて、うらやましいなぁ、と思いました。

これって、月ノさん、あなたが成長しているっていうことですよね。それもこの5,6年で。
自分の過去を見て、今の自分と比較してきちんと評価できている。
それでいて、過去を受け入れてもいる。


こういう視点で、一文を読むというのも、面白いと思う今日この頃です。


2015/04/02 6:29 PM posted by: 絹さや
こんにちは。私は、幼い時に、多分父に駒の動かし方を教わって、「とりあえず指せる」状態だった時もありました。母が切った短い同じ髪型にされた2つ上の兄と指している写真もあります。ちなみに父が熱を入れていたのは囲碁の方で、少なくとも三重県の教員の中では10位以内だった時もあり、日曜日の午前中に兄と私に囲碁を教えようとした時期も一瞬ありましたが、プロ棋士のお子さんたちほどの頭角を現すはずもなく、父が先に飽きて私達は本や絵の方に時間を費やし気味になりました。当然、将棋をすることもなくなり、駒の動かし方も少し忘れました。羽海野チカさんの「3月のライオン」も、2巻以降は発売日にコミックスを買っていますが、対局の進みかたの意味の理解には取り組んでいませんでした。しかし、脳トレのためにも、今年は理解を目指して読み直してみようかと思い始めました。「勝ちたいんや!」の気持ちに行動が支配されること、あるんでしょうね…
ところで、私はテレビ情報誌「テレビブロス」を愛読していますが、最新号の読者投稿のページに、3/8放送の「NHK杯テレビ将棋トーナメント」で、橋本崇載八段が行方尚史八段に「二歩」を指して反則負け、という内容がありました。ああ…
2015/04/04 9:30 PM posted by: 月ノヒカリ
山田◎σさん、こんばんは。

このブログは私にとって、初めて不特定多数に自分の文章を晒した場所なので、書き始めてから今までに、いろいろと変化はあったと思います。
「考えてることを文章にする」だけでも変容は起こるでしょうが、それを他の人に見せて反応を得るというのも、やっぱり自分の内部が多少なりとも変化していくのではないか。そしてそれこそが、ブログを書くことの一番の醍醐味じゃないかと。

ただ、起こった「変化」が「成長」だったらいいんですけど、もしかしたら「退歩」かもしれないなぁと思ったり。
初期の頃は勢いだけで書いていた部分もあるのですが、あのパワーは今はもうないです。

過去エントリは、今とは考えが異なる部分もありますが……「かつての試行錯誤があったからこそ、今の自分がある」とも思うので、過去は過去として、それ自体を否定することはできませんね〜。

山田◎σさんも、20年前のことを書かれるとのこと、「自分史」みたいに「自分の来し方を振り返る」作業になるのかもしれませんね。公開されたら読みに伺いますね。

再びのコメントありがとうございました。それではまた。
2015/04/04 9:31 PM posted by: 月ノヒカリ
絹さやさん、こんばんは。

絹さやさんも子どもの頃、将棋と囲碁を教わったんですね。
私は囲碁はさっぱりです。
将棋も、駒の動かし方とルールは知ってるという程度すっかり遠のいてしまいましたね〜。
今回取り上げた本は、本棚の整理をしていたら出てきたものです。こういう本をせっせと読んでも、将棋の面白さが理解できなかったのだから、やっぱり自分にはそっち方面の素質がなかったんだな〜と思います。

NHK杯で「二歩」というのは、やっぱり緊張されたのでしょうか。テレビ将棋は持ち時間が少ないから、焦ったのかもしれませんね。そのシーン、ちょっと見てみたかったかも。

コメントありがとうございました。それではまた。
2015/04/11 12:37 AM posted by: りょう
短歌のエントリで、ふたりと立ち寄ったりょうです。今回もまたふらりと立ち寄りました。
将棋は、小学校のときに流行っていて、一時期熱中していました。
十分間の休み時間の間に速攻で負けた相手に、数か月後勝てるようになったときは、本当にうれしかったです。

ぼくがされたことのある(卑怯な?)「駒落とし」は、「持ち駒が歩三枚、あとは王のみ」でした。一番最初に、角行のど真ん前に歩を置かれて、負けてしまいました。この場合、角の通り道を開けて、角を取られないようにするのがベストみたいですね。
あと、これは王道の定石ですが、棒銀(角換わり棒銀というらしい)は、はじめて知ったときはびっくりしました。銀と香車の交換なんてもったいないと思ったからですが、実戦でも使えました。端を食い破れるのは意外とでかい。

なんとなくかっこよくて、三間飛車を使いこなしたかったのですが、あまりできず、四間飛車と美濃囲いか、居飛車にそのときにふさわしい守りが多かったようなのを思い出します。アナグマとか矢倉とかもしたことありますが、あんまり上手じゃない人小学生同士、切磋琢磨してたのは本当に面白かったです。中飛車を使うやつがいて、なかなか手ごわかったのを覚えています。
2015/04/12 11:49 PM posted by: 月ノヒカリ
りょうさん、こんばんは。
再びこの辺境ブログにお立ち寄りくださって、ありがとうございます。

しかし、こんな将棋エントリ書いておいて言うのもなんですが、ブログ主は「ルールを知っている」程度にしか、将棋を知らないのです。
棒銀、四間飛車、居飛車、穴熊、矢倉etc.、すべて聞いたことはあるのですが、自分では指せないのです……。
いやはや、せっかくコメントいただいたのに、ちゃんとお返事できなくて、スミマセンです。

その代わりと言うわけでもないのですが、作り溜めた短歌を、またブログの一エントリにまとめました。よかったら、読んでいってくださいませ。

コメントありがとうございました。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://newmoon555.jugem.jp/trackback/465
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM