2016.05.08 Sunday 00:00
何を今さら、な話かもしれません。が、今回は、年明けからブログにUPしてきた「人に会いたくない理由」の当事者研究を振り返ってみて、改めて気づいたことを書こうと思います。

まず、「ネット上で文章に書いたものをUPする」という形式で当事者研究をやる場合にも、「侵襲性がある」ということ。これについては、最初に考慮しておくべきだったかもしれない、と反省中です。
以前、精神科医である中井久夫の著書から、症状と回復の「作用/反作用」についての文章を引用したことがありました。当該エントリから再引用してみます。
……一般論として考えますと作用には必ず反作用が伴い、この反作用は回復への歩みを打ち消すことによって、いやおそらく時にはそれ自体の持つ力によって回復のコースを慢性化へと曲げてゆく可能性があります。
(中略)
ある治療行為にせよ、薬物にせよ、環境の変化にせよ、本人の自己治療行動、いや夢や思考や症状の変化にせよ、すべて、慢性状態を変えようとする作用は、必ずそれを打ち消そうとする内力を発生させます。これはそう前提してかかってよいことです。

 (中井久夫『最終講義』より)

つまり、当事者研究には、「自分自身も気づかなかった側面を知ることができ、他者と共有できる」というプラスの側面ももちろんあるんだけど、副作用のような反発が起こることも当然あり得るわけで。
今回、このブログに「人に会いたくない」当事者研究を寄せてくださった方には、深刻な副作用が生じるようなことがなければいいのですが……。

私の場合ですが、当事者研究を書いた後、実は少し落ち込みました。
自分自身の「困ってること」は、これまでにもブログに書いてきて、わかっているつもりでしたが……「やっぱりどうしようもないんだな」ということが、改めて突きつけられてしまった、という感じで。

私にとって一番切実なテーマは、何度も書いたように、「複数の病気を抱えながら、どうやって生きていけばいいのか?」という問題です。
「病気を抱えながら、どうやって生きていけばいいのか?」について、相談したり、話し合ったりできる場があってほしい。そう心の底から切望しているんですけど……現実には、私の身近には、そういう場はないんですよね。
だから、他に選択肢がないから、ブログに書くしかない、と思ってやってきたわけですが。

これまで書いてきて感じたことですが、リアル生活ではあまり歓迎されない病気の話が、ネット上なら歓迎される、というわけではないんですよね。病気の話題は、ネット上でもまず歓迎されません。
ただ、このブログはアクセス数を稼ぎたいとか、そういう目的でやってるわけではなく、一人、二人でも、読んで何かを感じてくれる人が現れたなら、それで充分だ、という気持ちで書いています。カッコつけてるように見えるかもしれませんが、これはマジです。
だから、このブログの話題が、「一般の人にあまり歓迎されない」のは、まあ仕方ないというか、別に構わないのです。
ただ、ネット上で当事者研究をすることの困難については、それとは別に考えるべきで。

「病気を抱えながら、どうやって生きていけばいいのか?」という問題について、誰にでも当てはまる普遍的な正解というのは、ないでしょうね。「できるだけ健康的な生活を心がける」とか、そういう一般論を除いては。
皆それぞれが異なる身体を持っていて――つまり抱えている病気・障碍の種類や程度が人によって異なっていて、その上置かれている状況も人それぞれ、なのですから。
だからもし、ある人にとって、何らかの益のある言葉が見つかるとしたら、それはいろんな意見が自由に、雑多に出されているような場において、じゃないかなあと。たくさんの言葉に接していく中で、「ふと答えに気づく」ような形でしか見つからないんじゃないか、と思うんです。

同じように、私は「病気を抱えながら、どうやって生きていけばいいのか?」について話し合える場を切実に必要としている、のだけれども――でも実際に、「病気を抱えながら、どうやって生きていけばいいのか?」というテーマで、人を集めて話し合っても、良いアイデアが出てくるとは限らないのでは? とも思うんです。
もしなにか良いアイデアを思いつくとしたら、それは私が日常生活の中でいろいろなことをやってみて、その過程で「ふと気づく」ような形でしか、得られないのではないか? と。

・・・というわけで、ふりだしに戻ってしまいました。
つまり、日常生活の中で、いろんなことを「実験」としてやってみて、その時々に振り返りつつ、できることを探していく。そういう試行錯誤を繰り返すしか、ないんじゃないか。
それは要するに、今までやってきたことなんだけど。

なので、このブログはこれまで同様、風の吹くまま気の向くまま、その時々に考えたことを書いていくことになります。
唯一、これまでと異なることがあるとしたら、「リアル生活で話せることについては、あえてブログに書く必要はない」ということでしょうか。
ブログに書くのは、「リアル生活ではなかなか話す機会がない」内容が中心になると思います。
これからもぼちぼち続けていくつもりなので、読者の皆様におかれましては、気が向いたときにでもマターリお付き合いいただければ幸いです。






| ●月ノヒカリ● | 当事者研究 | comments(6) | trackbacks(0) |
2017.08.10 Thursday 00:00
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2016/05/08 10:16 AM posted by: ノラ
確かに、難しいですね。
そもそもネットは面直ではないので、相手の反応を見ながら喋れないという点もありますし。
それでも、コメントを受け付けられているので、双方向の議論の場もありますし、貴重なサイトだと思います。

私は以前のヒカリさんの投稿で、「この思いを持っているのは私だけじゃないんだ!」と知ることができましたし、
今回は、似た思いでも人によって要因が違うことが分かり、新しい発見もありました。

私は何かが大きく解消したわけではないのですが、自分にとっての問題点が浮き彫りにできて、前進がありました。

オフ会も楽しかったですし、似た思いを共感しあえる場は大事だと思います。
2016/05/09 10:33 PM posted by: 月ノヒカリ
ノラさん、こんばんは。
ノラさんにとっては、当事者研究が有意義なものとなったようで、よかったです。

ただ、より深刻な問題を抱えている方にとっては、ブログ上で公開レスというのは、もしかしたら精神的にストレスになったかもしれないなあと。あまり表に出たくない、という人もいて、当然その気持ちは尊重されるべきだと思いますし。

実は、オフ会で当事者研究がやれたらいいなあ、と密かに考えていたのですが……テーマ設定を何にするか? も含めて、実現するには難しい問題もあるかな、と考え中です。

>「この思いを持っているのは私だけじゃないんだ!」

自助グループ的な活動の一番の効用は、これだと思うんですよね。
それを知って、ちょっとでも気が楽になる人がいれば、やってみる価値はあるのかなと。

コメントありがとうございました。今後何を書くかはまだ考え中ですが、のんびりお付き合いいただけると嬉しいです。
2016/05/12 5:46 PM posted by: 雪月
ヒカリさんこんにちは〜
このエントリを読んでいて、ああそうだなーと納得いく思いです。

>リアル生活ではあまり歓迎されない病気の話が、ネット上なら歓迎される、というわけではない

>もしなにか良いアイデアを思いつくとしたら、それは私が日常生活の中でいろいろなことをやってみて、その過程で「ふと気づく」ような形でしか、得られないのではないか?

何ともうまく言えないのですが、自分が動かないと前進していかないのだろうなと最近考えるようになりました。だからと言ってすぐ行動にといかないのですが。

ところで少し脱線しますが、愛読しているサイトで3.11の震災関連のコンテンツの話(読者からのメール)を読んでいて何だかこれも当事者研究の一つに当てはまらないかなぁと感じました。
病気ではありませんが、リアルではなかなか話しづらかったりするところも似ているなぁと。
まだ完結していないコンテンツですが、興味ありましたらどうぞ→ほぼ日です。http://www.1101.com/intern_matsuzaki/2016-03-11.html


>ブログに書くのは、「リアル生活ではなかなか話す機会がない」内容が中心になると思います。

私には書けないとても素敵なブログですので、これからもマターリお付き合いさせてくださいませ☆
オフ会で当事者研究というのもいいですね。でもすごく時間がかかりそう…。
ヒカリさんが関東圏在住でないのが悔やまれます(笑)。
ではまた〜
2016/05/12 11:04 PM posted by: 月ノヒカリ
雪月さん、こんばんは。

はい、自分が動くのもそうですが、状況が変化したら、追究したいテーマも、自分のスタンスも、変わってくると思うんですよね。
「行動する」といっても、いきなり大それたことをやるのは無理なので、自分の手の届く範囲で、ちょっとでもできることを探してやっていければなあ、と。前進だけじゃなく、たまに後退もあり、ということで。

ほぼ日の震災のコンテンツも、教えてくださってありがとうございます。
ざっと読ませていただいて、皆さんそれぞれ自分なりの震災との向き合い方を考えているところが、当事者研究と通じるものがあるな、と感じました。


>オフ会で当事者研究

去年のオフ会は「お気に入りの本を紹介しあう」というテーマだったので、次のオフ会(やるとしたらですが)はテーマを変えてやってみたい、と考えていたんです。
皆で集まって当事者研究というのは、本当にやってみたいのですが……私自身、リアルの当事者研究に参加したことがなく、本で読んだだけの知識しか持ち合わせていないのが、難点でしょうか。
「テーマを何にするか?」というのも、考えものですし。
「人に会いたくない理由」というテーマなら、わりと誰でも参加可能な感じでしたが……ガチの病気や障碍がテーマとなると、専門家抜きではちょっと不安があるかなと。
オフ会については、もう少し考えます。


>ヒカリさんが関東圏在住でないのが悔やまれます(笑)。

本当にそうですね〜。東京近辺にさっと集まれるなら、もう少し気軽にオフ会もできたかも。
名古屋は、そこそこ人口も多く、ある程度のものは揃っていますが、特殊なテーマで語り合いたいときに、さほど人が集まらないというか……。

コメントありがとうございました。今後ものんびりお付き合いいただけると嬉しいです♪
2016/05/27 12:06 AM posted by: Opera
、>「複数の病気を抱えながら、どうやって生きていけばいいのか?」という問題です。
「病気を抱えながら、どうやって生きていけばいいのか?」について、相談したり、話し合ったりできる場があってほしい。そう心の底から切望しているんですけど……現実には、私の身近には、そういう場はないんですよね。

私の周りにもないですね・・そして 私も心の底からそういう場所を切望しています。 + ダメダメな自分でも 無理しないでいられる居場所も求めています。
健康人との間では 落差がありすぎて テンションあげなきゃ ついていけないから・・弱くても受け入れてもらえる場所。



 まあ。

>リアル生活ではあまり歓迎されない病気の話が、ネット上なら歓迎される、というわけではないんですよね。病気の話題は、ネット上でもまず歓迎されません。

前向きに 明るく 楽しい話題も含めて どこへ行ったとか何ができるようになったの〜! これ食べた〜!
足跡ぺた! とか日記風に 前向きに闘病生活してる人のブログ・・は歓迎されるのでしょうけどね。

私のブログは 暗すぎるんでw。

月のヒカリさんのブログは 分析的でとても参考になります。読み応えもたっぷり。 当事者研究 べテルの家。 ある種の理想だわー。
2016/05/27 10:41 PM posted by: 月ノヒカリ
Operaさん、お久しぶりです。
ブログを拝見したのですが、Operaさんも複数の病気をお持ちなんですね。
「複数の病気」というのが、問題を難しくしている原因かもしれません。

例えば、最近は、精神障碍の支援は、それなりに整備されてきています。癌の患者の支援も、ある程度あります。でもその両方を視野に入れた支援というのは、ないんですよね。
まあそれでも、支援なんてまったくゼロだった10年前に比べたら、ずいぶんマシになってるとは思うんですが。


>前向きに闘病生活してる人のブログ・・は歓迎されるのでしょうけどね。

はい、闘病って、「前向き」に語らないと、一般の人には受け入れてもらえないんじゃないかと思ってます。マスメディアに登場する「闘病」って、「つらい病気であっても、こんなにも明るく前向きに生きてます!」というストーリーが本っ当に多いですよね。
どうしても前向きになれなかった自分にとっては、その手の「明るい闘病記」を見聞きすると、かえってしんどくなったりして……このブログは、誰よりも「あの頃の自分」が読んで元気になれそうなことを書きたい、と思っているので、一般ウケしなくてもまあいいかな、と。

コメントありがとうございました。Operaさんもどうかご自愛くださいね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://newmoon555.jugem.jp/trackback/507
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM