2016.10.16 Sunday 00:37
これから、「文学は何のために存在するのか?」という話をします。
今から書くことは、文学に造詣の深い方々には「わかってるよ、そんなこと」などと言われそうなので、そういう人は特に読まなくてもいいです。
「文学? なにそれ食べられるの?」って人に、読んでほしいです。

こういう話をしようと思ったきっかけは。
先日、斉藤斎藤さんの第二歌集『人の道、死ぬと町』の中から、個人的に印象に残った短歌を二首、Twitterでつぶやいたことでした。

私のTwitterフォロワーさんの99%は短歌に縁のない人ですが、そういう人が、このツイートに反応してくれたんですよね。
短歌って、ものすごくハイコンテクストな表現なので、「短歌村の住人でなければ理解不可能な作品」が多いと思っていたのですが……「外の人」に届くこともあるんですね。

この歌の作者である斉藤斎藤さんは、1972年生まれの歌人です。余談ですが、ブログ主と同世代です。
この歌集『人の道、死ぬと町』には、2004年から2015年にかけての作品が収録されています。

とりあえずここでは、上掲の、
宗教も文学も特に拾わない匙を医学が投げる夕暮れ
という短歌について。
「なぜ私はこの一首にグッときたのか?」という話を、これからします。解説するのは野暮だとは思いますが、意味がわからない人にもわかってもらいたいので。

この歌は、斉藤斎藤さんの第二歌集『人の道、死ぬと町』に収録された「今だから、宅間守」(2007年発表)という連作の中の一首です。
宅間守というのは、2001年、大阪教育大学附属池田小学校で起きた小学生無差別殺傷事件の犯人。2004年に死刑執行されています。

まず、「宗教も文学も特に拾わない」とはどういう意味か?

前提として踏まえておきたいのは、福田恆存という評論家が書いた、「一匹と九十九匹と」という有名な文芸評論です。昭和21年に書かれたものだけど、「政治と文学」というテーマは、今でも通用する内容だと思う。これについては以前このブログにも書いたことがあるけど、もう一回、一から説明します。

福田恆存の「一匹と九十九匹と」という評論のタイトルは、新約聖書の「ルカによる福音書」に出てくるエピソードが元になっています。
聖書に出てくるイエスの言葉、新共同訳から引用します。
 「あなたがたの中に、百匹の羊を持っている人がいて、その一匹を見失ったとすれば、九十九匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜し回らないだろうか。
 そして、見つけたら、喜んでその羊を担いで、家に帰り、友達や近所の人々を呼び集めて、『見失った羊を見つけたので、喜んでください』と言うであろう。

 言っておくが、このように、悔い改める一人の罪人については、悔い改める必要のない九十九人の正しい人についてよりも大きな喜びが天にある。」

 (「ルカによる福音書」15章より 新共同訳)

百匹の羊のうち一匹を見失ったなら、残り九十九匹を野に捨て置いても、その一匹のために駆けずり回る。
このイエスの言葉を、福田恆存は、「政治と文学の棲み分け」について語ったものだ、と解釈したのです。

つまり、どれほど善き政治が行われても、政治で救えるのは九十九匹までである。政治では救われない一匹が、必ず存在する。その一匹を救うのこそ、宗教の役割であり、文学の役割である、と。
いや、その「失われた一匹」は、あなた自身の内に存在するのではないか?
福田恆存はそう言っているんです。

実は私自身が、社会運動的なものに共感しつつ、今ひとつ積極的に関われないのは、この感覚があるからなんです。

どんなに社会が良くなっても、それだけでは人は幸せになれない。
どれほど医学が発達しても、人が「死」から逃れることはできないように。

「宗教も文学も特に拾わない匙を医学が投げる夕暮れ」という一首の前には、宅間守を精神鑑定した精神科医の発言が引用されています。
宅間は人格障害(妄想性・非社会性・情緒不安定性)ではあるが、精神病ではありません。(中略)……宅間のような人間に関しては、犯罪を防止する方法はないと思います」(精神科医・樫葉明の発言より)
「医学が匙を投げる」の意味はこれです。精神科医も匙を投げた。それが宅間守という人間です。

それを踏まえて、もう一度この短歌を読んでほしい。
精神科医が、「宅間守のような人間は理解不能だ」と匙を投げるのは、まあしょうがないと思う。
でも、精神科医という「正しい社会」にいる人が投げ出したもの、宅間守のような「誰がどう見てもクズ」にしか見えない人間を救うことこそ、宗教者の役割であり、文学者の役割じゃないの?

福田恆存の「一匹と九十九匹と」に書かれているのは、そういうことじゃないかと。
文学や宗教って本来、そのくらい危険なものであり得るんです。
「医学が投げたというその匙を、文学や宗教は拾えよ」と、個人的には思います。

宅間守というのは、社会から非難されて当然、処罰されて当然(死刑制度の是非は別として)の人間ですよ。でもね、そういう「誰がどう見ても極悪人としか思えない」ような人間を救ってこその宗教じゃないのですか。あるいは、そういう不気味としか思えない人間の存在に意味を与えるのが、文学じゃないんですか。

さて、そんな骨のある宗教や文学が、今の日本に実在するのでしょうか。

で、斉藤斎藤さんは、その匙を拾いにいったんだなあ。
しかも、池田小事件が起きたのが2001年で、「今だから、宅間守」が発表されたのは、2007年。ということは、6年もかけて。
今の日本に、そんなことする人が他にいるでしょうか?
誰もいないと思う。
すっげーなーと感動しましたよ。本当に「文学」だなあ、と。

えっと、ただ私は、まだ短歌の世界に片足を突っ込みかけただけの初心者レベルなので、この連作について、「短歌としての良し悪し」は、正直よくわかりません。
でも、その志の高さは惚れ惚れとするというか、仰ぎ見るしかない存在です。

ここでもう一度、福田恆存の「一匹と九十九匹と」に戻ります。
九十九匹を救うのは政治の役割であり、私たちが「善き政治」を求めるのは、必要かつ当然の振る舞いだ。
今の日本は、「善き政治」が行われているとは言い難い。九十九匹どころか、五十匹も救っていないのが現状である。
政治的な働きかけによって解決できる問題を解決しようとする努力は、当然なされるべきだ。それに異論はない。

じゃあ、貧困その他、様々な不遇の状態に置かれている人に、文学は必要ないものなのか?

そんなことはないと思う。今から8年ほど前、朝日新聞の短歌投稿欄の常連に、「ホームレス歌人」が存在したことを覚えている人もいるだろう。
困難な状況に置かれている人には、衣食住が必要なのは当然として、文化もまた必要なのだ。

――人はパンがなければ生きていけない。しかし、パンだけで生きるべきでもない。私たちはパンだけでなく、バラももとめよう。生きることはバラで飾られねばならない。(國分功一郎)

私たちの生活に文学が必要だとして、じゃあ今この時代に、どんな文学が必要とされているのだろう。
福田恆存は、上記評論の末尾で、「文学は、失われた一匹に対して、一服の阿片の役割をはたすものだ」と述べている。

私がこれまで好んで触れてきた短歌は、間違いなく阿片の役割を果たしてくれた。私にとって短歌は、美しい世界を映し出すメディアで、私はその美しさを心から愛してきた。
でも、斉藤斎藤の『人の道、死ぬと町』は、阿片ではなかった。

上掲ツイートにも引用した、「わたしが減ってゆく街で」(2013年発表)という連作では、低賃金の非正規雇用者であり「結婚しても出産は諦めるしかない」現実が、様々なデータや本からの引用とともに、赤裸々に表現されている。
かなり「痛い」内容である。しかし、これこそが今の時代のリアル、私たちの一側面ではないのか。
その痛さには、これまでの私が持っていた、浅い短歌観を突き崩すくらいの力があった。

私たちが文学に求めているのは、痛い現実を忘れさせてくれる阿片なのだろうか。
それとも、痛い現実に向き合うための触媒となる何か、なのだろうか。

阿片なら、代用品は他にいくらでも存在する。極論を言えば、パチンコでもいいのだから。
でも、痛い現実に向き合うための触媒となるもの、それは文学にしかできない業ではないだろうか。

『人の道、死ぬと町』から、そういう連想が広がって、しばし打ちのめされていたのだった。

というわけで、この一首の凄みを、ここを読んでくださっている皆様に、少しでも共有していただけたなら、ブログ主も本望です。



※ 文中の國分功一郎氏の言葉は、『暇と退屈の倫理学』からの引用です。




| ●月ノヒカリ● | その他雑文 | comments(6) | trackbacks(0) |
2017.03.19 Sunday 00:37
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2016/11/03 7:59 PM posted by: m
月ノヒカリさん、相変わらず難しい文章ですね。
本当に世の中難しいことばかりです。
私は自分が置かれていない状況の人の本当の気持ちは
わからないが、わかる努力をすることは、大切なのかも
しれないと思います。
例えば、月ノヒカリさんの苦しさを想像はできますが、
それは、痛みを共有できるほど理解できるわけではないです。
なので、わからないですが、私が考えるのは、
その犯罪者は、大人として成長できなかった。
そういう環境に置かれていた、それは、その家庭に
原因があったのかもしれないと、見ず知らずの富裕層
の子供に憎しみを覚えるような過酷な成育歴があった
のかもしれないと、想像することはできます。
でも、やはり、その人の置かれた状況を再現することは
出来ません。
私は大学受験を経験していないので、その苦しさを
知りません。
しかし、それと同じようなシステムの試験を受ける事で
その過酷さを少しでも理解することはできます。
でも完全には同じではありません。
文学でもし出来ることがあるなら、それは、
わからない状況を想像することだと思います。
ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」を読めば、
その過酷さを、想像することはできます。
もちろん、完璧に理解することはできませんが。
2016/11/04 4:18 PM posted by: PK
文学や宗教が拾っていないってのは本当なんだろうか?
宅間のような人間を書いた文学は結構あると思う。一方宅間は文学によって救われるかというとそれは古今東西救われる例は少ないんじゃないか。
唯一宗教ですね。救われる可能性があったのは。駆け込める教会があればよかった。ただし日本人はそういう宗教を捨ててしまったのです。
2016/11/08 9:57 PM posted by: 月ノヒカリ
mさん、はじめまして、でしょうか。レスが遅くなって申し訳有りません。
読んでくださってありがとうございます。
このエントリ、私としては、かなり分かりやすく書いたつもりですけど、それでも難しかったですか……。
「分かりやすく伝える」のも限界があるのだな、と改めて実感しました。

>文学でもし出来ることがあるなら、それは、
>わからない状況を想像することだ

確かにそういう面もあると思います。
ただ、大学受験は私も経験してますけど、あれはさほど苦痛ではなかったです。時代とか、個人の特性とか、置かれている環境によって異なるのかもしれませんが。私の場合、大学卒業後の、病気や「働くこと」にまつわる問題の方が、何倍も苦痛でした。

いただいたコメントを読んで、mさんとは私とでは、文学に求めるものが異なるのかな、と感じました。
私が文学に求めているのは、「わからない状況を想像する」よりも、「自分の琴線に触れるもの」を探している、ように思います。「想像」ではなく、共感とか共鳴、みたいなものです。
「完璧に理解することはできない」というのは、同感ですが。

コメントありがとうございました。
2016/11/08 9:58 PM posted by: 月ノヒカリ
PKさん、はじめまして、でしょうか。レスが遅くなって申し訳ありません。
「宅間のような人間を書いた文学」は確かにたくさんあると思います。
でも、「宅間守をテーマにした文学作品」というのは、たぶん他にないんじゃないかなあと。すごく取り扱うのが難しいテーマだと思うんですよ。私も過去、このブログに「黒子のバスケ」脅迫事件について書いたことがありますけど、殺人事件ではなくても、「こんな内容UPして大丈夫なのだろうか…」と内心ヒヤヒヤものでしたから。

PKさんのコメントを読んで、「文学によって救われる」というのはどういうことなのか? ちょっと私も考えが足らなかったかな、と思い直しました。これについては、もう少し考えてみます。

コメントありがとうございました。
2016/11/10 11:14 AM posted by: 雪月
ヒカリさん、こんにちは。
>「私たちはパンだけでなく、バラももとめよう。生きることはバラで飾られねばならない。」
これを読んで、私の好きなミュージシャンのムーンライダーズの曲の一節を思い出しました。

「スカーレットの誓い」という曲の歌詞に
「薔薇がなくちゃ 生きていけない」
とあるのです。
ただそれだけなんですが、この歌詞にも奥深いなにかが隠れているのかなと思いました。


>「医学が投げたというその匙を、文学や宗教は拾えよ」

音楽もまた文学かなと。そして拾っている歌詞もあるような気がします。
どっちかいうと、なにそれ食べられるの?派に属しているので上手いことコメント出来なくてすみません。

一気に寒くなりましたね。お体ご自愛くださいますよう。
ではまた〜
2016/11/12 12:14 AM posted by: 月ノヒカリ
雪月さん、こんばんは。
読んでくださってありがとうございます。

そういえば去年、雪月さんとお会いしたとき、ムーンライダーズが好きだとおっしゃってましたね。
「薔薇がなくちゃ 生きていけない」という歌詞に出てくる薔薇は、おそらく喜びや愉しみ、生活を彩る美しいものの象徴なのかな、と思いました。

>音楽もまた文学

そうですね、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞するくらいですから、音楽の歌詞も文学かもしれません。

私も決して文学に造詣が深いタイプではないのですが、十代の頃、中島梓の「小説道場」をリアルタイムで愛読していた影響が大きいかもしれません。
中島梓=栗本薫自身は、「自分はペーパーバックライターだし、そのことを誇りに思う」と言っていて、純文学ではなく大衆文学の人でしたが、それでも「小説道場」を読むことで、彼女の文学観みたいなものを植え付けられたのだと思ってます。

コメント&拍手もありがとうございました。雪月さんもどうかお体大切になさってくださいね。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://newmoon555.jugem.jp/trackback/517
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Twitter(生存確認用)
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM