2017.03.18 Saturday 23:51
カフカの「掟の門」(道理の前で)という短編がある。
(青空文庫で読めます→http://www.aozora.gr.jp/cards/001235/files/47213_28180.html
ひきこもっている人が社会参加するときの状況ってまさにこんな感じ、と説明したのは、斎藤環だったか。
私にとっても、実感としてよくわかる話だ。

「社会参加につまずく」というのは、「就活でつまずく」のと必ずしもイコールではない。私にとっては、それ以前の問題だった。
まず、病気のしんどさが家族に理解されないでしょ。
ずっと一人で抱え込んでいたのを、たまたま病院で知り合った患者さんに、患者会のことを教えてもらって、「病気のしんどさを、同じ病気の人と共有できると、こんなに楽になるんだ」と知った。そこに至るまで、何年かかったことか。

で、病状が少し落ち着いて、仕事を探そうとしたら、「履歴書の空白をどう説明するか問題」に悩んだり。「病気のことを正直に話したら雇ってもらえない。かといって病気のことを隠して働いたら、無理を重ねて結局は倒れる」というジレンマに陥ったり。

昔はネットで得られる情報も少なく、たまたま新聞で見つけたひきこもり支援団体に電話したら、「今は満員で受け入れられない」だの「親と一緒でなければ話は聞けない」だのと言われて、空振りに終わったり。
「ひきこもっていた人が、良い支援者に出会えて、社会復帰できました!」という体験談は、おそらく実際にあることなんだろうけど、私には別世界の話としか思えなかった。

自分もネットで発信するようになってから、受け取る情報も増えて、自分も動いているうちに、「どこへ行けば、どういう相談に乗ってくれるか」ということが、ぼんやり理解できるようになった。
去年このブログ上でやっていた「人に会いたくない」当事者研究(第4回)へのレスポンスとして、幾つもの相談先を列記したのは、自分がそれだけたくさんの試行錯誤を繰り返してきたってことで。
私にとっては、「ただ生きる」ということが、ものすごく大変なことだった。

自分の受けてきた傷や、自分の病気の特性を理解して、それを癒しつつ、人にちゃんと説明できるようにすれば、もう少し生きやすくなるんじゃないか。それをブログに書くことは、自分と同じように悩んでいる人にとっても、なんらかのヒントになるんじゃないか。そういう思いがあって、ブログを書き続けてきた。それについては、ある程度の成果はあったと思う。


で、去年の夏に、癌の再発がわかったとき、ちょっと肩の力が抜けたというか、「もうジタバタするのはやめよう」と思ったんですよ。
おそらくあと数年くらいで自分は死ぬのだろうから、もう残り時間は余生、隠居老人のように生きていくつもりでしたよ。
「座右の銘は恬淡」とも言ったような。

でもって、短歌を作ることなら、地味〜に無理なく続けられるかなあ、と思っていたんですけど……またもや今、「掟の門」が目の前にある状況みたいで。

えっと、「短歌を作って、人に見てほしい」って、すごーくささやかな望みだと思ってたんだけど、実は結構大変なことだったようです。
すでにとんでもなく消耗して、頭痛やら吐き気やら体調不良で卒倒寸前の状態ですが、なんとかまだ生きてます。
「この頭痛が癌の脳転移の症状だったらどうしよう〜」と不安になったのですが、去年も同じように心配して脳のMRI検査しても、結局何ともなかったので、来月まで様子見することに。
えー私はこれから先、生きていけるのでせうか?

短歌って、私にはよくわからない世界です。
いや、「短歌の作り方がわからない」とか「作品がうまく読解できない」という問題なら、勉強すればいいだけの話ですよ。
でも、今の私が直面してるのは、それとはちと違う問題のような……。
短歌の世界、「歌壇」と呼ばれる場所には、私のこれまでの常識では理解不能な、暗黙のルールがあるみたいで。
で、よくわかんないときは、「とりあえずやってみて、失敗から学ぶこと」というのを教わったのも、このブログで、だった。
(過去記事:「空気」、読めますか?

というわけで、短歌の世界がどうなってるのか、私にはよくわからないけど、「とりあえずやってみる」ために、短歌専用の新ブログを作りました。
こちらです。→「あすも短歌の花が咲く
いかにも適当につけたっぽいブログ名なので、もっといいタイトルを思いついたら、後で変えるかも。
はてなブログです。一度は使ってみたかったブログサービスなので、いい機会かな、と思いまして。中身はこれからです。
やっぱりね、せっかく短歌を作ったなら、感想なり批評なり、良いなら良い、ダメならダメって言ってほしいよね。

短歌用のペンネームは、「都樹野(つきの)ひかり」に決まりました。
このブログで長らく使用してきたハンドルネーム「月ノヒカリ」に愛着があるので、名前の読みはそのままで、多少なりとも人間らしい名前にしようと考えた結果、こうなりました。
「都樹野ひかり」というのも、ビミョーにキラキラネームっぽくて、自分の美意識からはやや外れるのですが……仕方ないです。
だってこのブログを始めるとき、自分が短歌を作ることになるなんて、予想してなかったもんねえ。そのつもりだったらもう少し、日本人らしい普通のハンドルネームを名乗ったんだけど。
改めて今見直すと、「石井ゆかり」とか「中島梓」って超いい名前だよね。今さら後悔しても遅いけど。嗚呼。

「都樹野」って、たぶん簡単には変換できないだろうから、皆様はこれまで通り、「ひかりさん」「ヒカリさん」「つきのさん」「ツッキー」等々、お好きなようにお呼びください。

実は「都樹野ひかり」名義で、ツイッターアカウントも作ったんだけど、そっちはもう少し置いておきます。
「同時に新しいことを二つ始めない」というのが、精神科医・中井久夫先生のアドバイスだったので。

体調面の不安を抱えながらなので、少しずつしか進めていけませんが、のんびりお付き合いいただければ幸いです♪






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(10) | trackbacks(0) |
2017.09.15 Friday 23:51
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2017/03/19 7:03 AM posted by: くろ
空気読めますか?
面白かった。
私は最近ヤンキー文化に関心があって研究しています。
ヤンキーは「尊敬と侮蔑」の二つの箱に人を基本的に分けて整理するみたいです。
それは私の分類と全く違うので、こりゃかみ合わないわな、と。
基本的に自分以外の人は
まず
「この人はヤンキーか否か」
でフィルターにかけてから交際方法を考えるといいかも。
この場合の「ヤンキー」ってのは実際元ヤンキーかどうかではなくずばり「権力関係至上主義」の人、ってことです。
「差別主義者」と言ってもいい。
人権は建前だということは社会の常識。
私も最近気が付いたところです。
でもそれは、今までおめでたいポジションで苦労知らずだったってことだな、と受け止めています。
最近小さな頃から難聴者として歩んで来られた方のお話を聞いてからはなおそう思うようになりました。
ではでは。


2017/03/19 10:19 AM posted by: 雪月
ヒカリさん、こんにちは♪
短歌ブログ開設お疲れ様でした(^^)
爽やかな印象のページですね(ブログデザインっていうのかな?)
当方まったくの無知ですがこれからの更新楽しみにしております。
ゆっくりマターリ、ヒカリさんのペースで続けていけますように☆彡

しかしながら体調が心配です。
様子見とのことですが、不安は早めに解消しておくのがよいかと…。
あまり無理なさいませんようにね。
2017/03/21 11:06 PM posted by: 月ノヒカリ
くろさん、こんばんは。
過去記事読んでくださってありがとうございます。
いや、自分で言うのもあれですが、このブログは本当に読者さんに恵まれたなーと、件のコメントのやり取りを読み返して思いました。

「ヤンキー」というと、精神科医の斎藤環もよく使う言葉ですが、くろさんの定義とはちょっと異なるかもしれませんね。
(こちらに少し紹介があります→ http://www.huffingtonpost.jp/tamaki-saito/post_7189_b_5032308.html

私自身は超地味に生きてきたので、身近に「ヤンキー」と呼ばれる人がいたことはなく、よくわからない世界です……。

>「権力関係至上主義」

この定義はわかりやすいです。
例えば、「会社人間」で、上司には絶対に逆らわないけど、立場の弱い派遣社員にパワハラするタイプを連想しました。そういう人、普通に存在するのでしょうね。おっしゃる通り、「差別」とも通底する問題だと思います。

「人権は建前だ」っていうのは本当にそうなんですけど、だからといって「人権を無視していい」とは思えないんですよね。
建前であっても、どこかできちんと「人権」というものを愚直に訴えなければならない場面はあると思うんです。そうしなければ、障碍者・病者は生きていけない。
・・・というようなことを、もう少しやわらかい言葉で、このブログには書いていけたらいいなーと思います。

コメントありがとうございました〜。
2017/03/21 11:08 PM posted by: 月ノヒカリ
雪月さん、こんばんは。
短歌ブログ、見てくださってありがとうございます!
まだ中身はないのですが、とりあえずこれから発表する短歌は、あちらのブログに入れようかなと。

体調も、ご心配をおかけしてスミマセン(汗)
思ったより不安が大きいので、来月の受診時に検査をお願いしようと考えてます。
もっと早く検査してスッキリしたい気持ちもあるのですが、体調が悪いと、病院の予約日を変更して受診するだけでも疲れそうなので、来月まで待った方がいいかなと。

コメントありがとうございました。お互い無理せず、のんびりやっていきましょう〜。
2017/03/22 9:26 AM posted by: くろ
昨日、カウンセリングの体験講座に行ってきました。

そこで初めて知った言葉に「自己分化度」というのがありました。

この概念は使えるな、と思います。


「人権」は下から上に訴えるのは難しいのではないか、と思います。
見下されている状況から「おや?この身分にもこのような人間がいるのか。こっちのほうが楽しそうだしかっこいいな」と見下ろしている人間に感じさせることができて初めて……って感じかな。

だから、わたしは病気に関係なく短歌を発表し(または正岡子規的に作品の中で状況を表現していく、とか)、
え?この歌を作った人にはそんな背景があったんだ、
とわかってはじめてなにか感じる…もっとはっきり書くと壁が壊れる、と、いうようなシナリオの方が好きです。
また、ヒカリさんの病気のことを全く知らなくても、いい短歌だな、と思うものはたくさんあったようにも思います。

以上、あくまで私の考えなので、ご参考までに聞き流してください。


ではでは。
2017/03/23 10:24 PM posted by: 月ノヒカリ
くろさん、こんばんは。
いろいろなアドバイスありがとうございます。

>「人権」は下から上に訴えるのは難しいのではないか

これは、私が知っている「人権」概念とは随分異なる考えで……そういう考え方の人もいるのだな、と勉強になりました。

>病気に関係なく短歌を発表し
>え?この歌を作った人にはそんな背景があったんだ、
>とわかってはじめてなにか感じる…もっとはっきり書くと壁が壊れる、
>と、いうようなシナリオの方が好き

ここまで細かい設定の「シナリオ」を用意して、その通りに読者さんに受け取ってもらうのは、難易度高そうですね……。
私個人には、そういう「シナリオ」を準備して実践するだけの力はないので、ただもう素直に短歌を作って、発表するしかできないです。

人権が建前であろうがなかろうが、病気を抱えている人間は、周囲との摩擦や軋轢や自分の体調と折り合いをつけつつ、生きていかなければならないわけで。
それについては私自身、長い間試行錯誤し続けてきて、今もその真っ只中にいるので、何が正解かはよくわからないです。

でも、こういう面倒な話にわざわざご意見くださったのは、有り難かったです。参考になりました。
コメントありがとうございました。
2017/03/24 8:08 AM posted by: くろ
いや、「シナリオ」は用意する、とかじゃなくて、結果的にそうなれば、…ってことですよ。あくまで理想論。

短歌って大きいと思います。
31文字しかないけど無限に入る。

「このような前提で見てほしい」
と、敢えてことわる必要がないくらい全部出てしまうと思いますよ。

表現の世界もいうまでもなくヤンキー多数社会なんです

だから、文学史を紐解けば被爆文学を書いた人にさえ
「ネタができてよかったじゃない」
的な暴言を吐く人が普通にいたりしますよ。

短歌教室の先生と言うのは冷静に考えれば穂村弘ほどは短歌で成功できていない人なわけで、なんでヒカリさんにつらく当たったかと言えば
「ネタができてよかったじゃない」
に通じる嫉妬と潰しだろうな、と私は思いましたよ。

そしてそれは、ヒカリさんの短歌に光るものがあるからだと思います。

村田紗耶香の『コンビニ人間』は読みましたか?
これは、「人権」について考えるいい教科書だと私は思いました。富沢雅彦ファンは必読。
このようなやりかたもあるんだな、と。目から鱗。
そして、文芸春秋で読むと島田雅彦と高樹のぶ子の選評が光っています。(つまり、この2人がどういう処世の人かよくわかるという意味において)

それでは、どうぞお元気で。
ありがとうございました。
2017/03/25 9:20 PM posted by: た
ヒカリ様、お久しぶりです。
私またしても盛大に人生に躓いております。4月より無職確定です。人生なんてこんなもんですよね。上手くいく人は上手くいくし、ダメな人はダメで。ヘタッピな写真を撮って生きていこうと思います。
ヒカリさんの創られた「死神がご機嫌いかがと軽やかに尋ねてわらう初夏真昼」この歌好きです。
2017/03/26 12:03 AM posted by: 月ノヒカリ
くろさん、こんばんは。
文面から推察するに、くろさんは、私のツイッターも読んでくださっているようですが、大変レスしづらい内容なので(つまり、短歌教室の先生もここを読む可能性があるので)、コメントへのお礼のみとさせてください。
「コンビニ人間」は読んだことがありますが、あまりピンとこなかったのです。機会があれば再読してみます。
短歌を読んでくださって、またいろいろなアドバイスをくださって、ありがとうございました。
2017/03/26 12:05 AM posted by: 月ノヒカリ
たさん、お久しぶりです。
ブログ主は無職歴が長すぎる上、このブログを訪問してくださる方の無職率もわりと高めなので、「無職」と聞いてもたいして驚かなくなりました。
衣食住が確保できているなら、マターリ次の道を探していきましょう。
とりあえず撮った写真はどんどんツイッターにUPするといいと思います。
コメントありがとうございました〜。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://newmoon555.jugem.jp/trackback/527
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM