2017.03.28 Tuesday 22:56
えっと、前にも書いた通り、これから先、新作短歌は、まずは紙媒体→その後ブログに転載、という順で発表するつもりでした。

でも今、ここを読んでくださっている皆さんに、どうしても伝えたいメッセージがあるので、発表することにしました。

これが、短歌ブログで発表する作品の第一弾になります。
「小さな手紙」です。
はてなブログ「あすも短歌の花が咲く」へのリンク

これまでに何度か、固定ハンドルネームで当ブログにコメントくださった方に、感謝の気持ちを込めて、ハンドルネームを短歌に詠み込んでみました。

こちらにも転載しますので、ご自身のハンドルネームを探してみてください。

桜餅の葉にふくまれた塩分があした私の涙にかわる

ノラ猫に生まれかわって来世では煮干しが泳ぐ海辺で暮らそう

薄闇の底に光はしらしらとあなたの石を照らしはじめる

家じゅうを探しまわって見つからず開けた窓から来る青い鳥

冬の日のこころの淵につもる雪 月には月の道があるから

絹さやのすじを引きつつきららかな緑の風をわたしに招く

渡り鳥のように世界を翔けめぐる未来の文字も雨に滲みるか


ハンドルネーム、気づいてくださった方はいるでしょうか。
桜餅の葉っぱさん、ノラさん、しらさん、(旧HN)青い鳥さん、雪月さん、絹さやさん、ミルカさん――皆さんのことを思い浮かべつつ、短歌にお名前を入れさせていただきました!

それなりに長期にわたって、固定ハンドルネームでやり取りをしてきて、それぞれのお人柄もある程度理解しているからこそ、できた作品です。

実名でコメントくださった方、短歌にしづらいハンドルネームの方は、残念ながら作品にはできませんでした。
そうであっても、コメントくださったこと、励ましの言葉をかけてくださったことに、心から感謝しています。
本当にありがとうございました!!

月ノヒカリ/都樹野ひかりは、このブログを読んでくださって、コメントくださった皆様に育てられました。

自分の短歌を自分で評価するのは難しいのですが、これが、今の私にできる精一杯です。
この先、どういう作品を発表することになるのか、自分でもよくわからないのですが、今回の作品は、一つのマイルストーンになるんじゃないか、と感じています。

体調面の不安を抱えながらの活動になるので、のんびりペースの更新しかできないと思いますが、今後もお付き合いいただけると嬉しいです♪






| ●月ノヒカリ● | 短歌 | comments(4) | trackbacks(0) |
2017.09.15 Friday 22:56
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2017/03/29 1:39 PM posted by: 雪月
ヒカリさん、こんにちは♪
素敵な短歌にしてくださって嬉しいです(^^)
とくに後半の 月には月の道があるから
ちょっと最近色々考えるところがあって少しナーバスになっていたのでグッときました。

他の方の短歌もとても素敵ですね。
ヒカリさんの想いが通じますように☆

どちらのブログも体調優先でマイペースでどうぞ続けていってくださいね。
こちらものんびりとお付き合いさせてもらいます。
それではまた。
2017/03/30 7:58 PM posted by: 月ノヒカリ
雪月さん、こんばんは。
読んでくださってありがとうございます!
「雪」も「月」も、短歌に詠まれることが多い題材なので、この二つを合わせるのは結構難しかったです。
でも、完成してみると、自分でもかなりお気に入りの一首になりました。
自分のペースで、自分の道を歩くのが一番ですよね。

コメントありがとうございました。今後もどうかゆる〜い感じでお付き合いくださいませ♪
2017/04/01 4:52 PM posted by: ノラ
コメントお送りしたつもりが、できていませんでした。
前回の記事を投稿された時にコメントしたかったのですが、いろいろ煩雑な私事に忙殺されてしまい、遅くなってしまいました。
とても嬉しいです。うちもノラ出身ではないですが猫がいます。
生まれ変わったら猫になりたいなと思うこともあります。
2017/04/01 9:53 PM posted by: 月ノヒカリ
ノラさん、こんばんは。
読んでくださってありがとうございます。
ノラさんは、以前のハンドルネームが「にゃんこう」さんだったので、猫好きなのかなあと。合っててよかったです。
短歌は、「綿の国星」のチビ猫のイメージです。チビ猫なら、「煮干しが海で泳いでる」とか、勘違いしてそう。
コメントありがとうございました。それではまた!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://newmoon555.jugem.jp/trackback/528
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM