2018.01.28 Sunday 23:38
☆前回までのあらすじ
再発癌の肝転移が大きくなり、腫瘍マーカーも上昇し続けている→治療法を変えなければ→承認されたばかりの、お値段高めの新薬使ってみる?

というわけで、昨年末から新薬の治療が始まりました。
副作用として、「骨髄抑制」がある(白血球が減少するとか)と聞いていたので、とにかく年末年始の病院が休みの間、風邪を引いたらどうしよう〜と気が気ではなかったのですが、無事に年が明けまして。

件の新薬の服用を始めて、体が重〜いような感じがでてきて、「おや? これは副作用かな?」と思いつつ、でもまあこれくらいなら耐えられるかな、と呑気に構えておりました。

ひとつ予想外だったのは、新薬は一度に二週間分しか処方できないとのことで、通院の回数が増えるの面倒だな、と。でも、これも仕方ない、と受け入れたんですが。

年明け初通院の日、血液検査をしたら、白血球と好中球の数値がずずーんと下がっていて、服薬二週間で、休止になりました……。
えっと、この新薬は、分子標的薬(のはず)で、「副作用はあるけど、抗がん剤ほどではない」と思い込んでいた、というか期待していたんですよ。
でも、ここまで骨髄抑制がキツいとは、思ってませんでした。

でもって、一週間後に血液検査をしても、まだ好中球の数値は回復していなくて(むしろ下がっていた)、さらに一週間後に血液検査して、なんとか回復。というわけで、薬は20%減量して、再開することになりました。これが先週までのあらすじ。
もうね、年明けから、毎週のように病院通いしていましたね。

化学療法室で、薬剤師さんとの面談の機会があったんだけれども、
私「あの〜、この薬、体格の良い欧米人基準で、日本人には強すぎるんじゃ…?」
薬剤師さん「そういえば、治験に参加した日本人のほとんどが減量になったと聞きました」
などというやり取りもあり。

私の通っている病院でも、この新薬を使い始めた患者さんは、副作用が強くて、薬を減量する人が多いらしい。
点滴の抗がん剤なら、体表面積あたりで量を調節するんだけど、飲み薬だと全員一律同じ量で、というのもおかしな話だよなー。ぶつぶつ。などと文句のひとつも言いたくなりましたよ。

元々この新薬は「QOLは良い」という話(をネットで見た)だったので、私も「使う価値はあるかな」と思っていたんですよ。
でも私の場合は、結構QOL下がってます。
というのも私には、アトピーという伏兵があったですよ。アトピー悪化&指先がひび割れて痛いのなんのって。ううう水仕事がつらい……。
たぶんこれ、薬の副作用だと思う。
アトピー関係なく、抗がん剤の副作用で「皮膚障害」は多いみたいだけど……なんといいますか、医師は、血液系の副作用(白血球の減少とか)については敏感だけど、皮膚障害はあまり取り合ってくれないというか……それくらい我慢しろってことでしょーか。

これで、薬の効き目がなかったら、とっとと止めればいいんですけど、ついさっき見つけたサイトには、「いくつかの分子標的薬は、皮膚障害が重篤であるほど、がん細胞への薬の効果も大きい…」などと書いてあり、たいへんビミョーな気持ちになりました。

癌に対する効果はあっても、副作用がしんどいのって、悩ましいです。
これが初回治療なら、治療に終わりがあるんだけど……エンドレスの治療ってつらいなあ。と、今になって初めて、リアルに実感しました。

もう本当にいよいよ「闘病…っ!!」って感じになってきましたね。
それでも、十四年前の初回治療で、アントラサイクリン系の抗がん剤やって全脱毛&ゲーゲー嘔吐した時に比べたら、まだマシなんだろうか。

今年は、チョコレート祭りには行けないだろうなあ。
ここ数年、毎年恒例の楽しみだったけど、白血球が減ってるのなら、人ごみで風邪やインフルエンザうつされるの怖いし。そもそも今、あんまりチョコレート食べたい気分じゃないし。
ケーキなら食べたい気分なんで、買ってきて食べるけど…!!

つくづく思うんだけど、がん患者に対するサポートって、昔に比べたらずいぶん整ってきていると感じます。化学療法室で、薬剤師さんにちゃんと薬の説明をしてもらえたのも、すごくありがたかったし(ついでに、これから先使う可能性のある薬のことまで質問しちゃいました)。

昔はなかったサポートが、今の時代にはある。とてもありがたい。
でもやっぱり、つらいものはつらい。
そういうものなんだな、闘病って。

副作用はできるだけ少なくて、癌に対する効果は大きい治療法があればいいんですけどね。

ともあれ、がんばれ私!!






| ●月ノヒカリ● | 病気 | comments(8) | trackbacks(0) |
2018.11.29 Thursday 23:38
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2018/01/29 2:18 PM posted by: 虎猫
パームや獣木野生先生について検索していてこのブログに行きつきました。

闘病されていると書かれていて何か力になれないかと…

漢方薬やパウダルコや生ショウガや生ニンニクや生紫蘇を毎日是非とも多めに食べてみてください。

ビタミンCは1万mg以上(一番安いメーカーでOK)

ハーブティーも毎日飲んでみてください。(カウディにあるyogiが手ごろ)


一日何度もトイレに行くことになりますが、体の長年溜まっていた毒素が出ていきます。

数か月かかるかもしれませんがゆったりとデトックスしてみてください。

水分補給は2リットル以上、ミネラル(亜鉛)、パクチーもとってみてください。

ビオフェルミンを毎日多めにとって下さい。


生のココナッツオイルを毎日スプーン2杯以上取って下さい。(乳がんは脂肪の中の毒素を排出する必要あるのでここ大事)

某医学大学に在籍していた経験などより現代医学に懐疑的です。


解毒=デトックスが本当に本当に大事です。

お金かかりません。


突然のコメント失礼いたしました。
2018/01/29 4:44 PM posted by: ヒツジ
月ノヒカリさん、お久しぶりです。

久々の更新でホッとしてます。でも、新薬の治験などで大変だったみたいですね。

私も統合失調症の新しい注射薬の治験に参加した経験があり、二週間ごとの病院や、慣れない心理テストなど、結構大変だったなと思い出されます。

私の方は、私のパートナーが好きな歌手のコンサートを見に行くついでにもう1泊するということで旅行に行きました。
やはり外部の人と接するのは想像以上にエネルギーが消耗したり、その中で相手と衝突したりで大変でしたが、良い経験になりました。

ヒカリさんが治験を通しても、またそれ以外の方法ででもいいので、良くなって行くことを願っていますよー
2018/01/31 9:44 AM posted by: 雪月
ヒカリさんこんにちは〜
これくらいなら耐えられるかな、と呑気に構えちゃあダメですよ!
と、そういう私も以前薬の副作用で夜体中がムズムズして気持ちが悪くて眠れなくて…ということあった時に、まあこれはきっと誰もが通る道かもしれない、などと考えて2日ほど我慢してました。
さすがに3日は耐えられなくて医者に駆け込みましたが。
無理は禁物ですぞ。(というか二人ともMっ気があるような?w)

エンドレスなとうびょうは辛いですね。通院自体も辛いと思います。でも化学療法室などの現代のサポートがあるのはよいですね。ヒカリさんのブログで初めて知りましたが、もうポピュラーなものなのかしら?薬剤師さんと話して少しでも疑問が解決すると精神的にも少しはよいような気がします。

チョコレート祭りはそうですかー。食べる気にならないですか。でも無理に参加する祭りではないのでw、ケーキで癒されてくださいね♪
なんかこう…軽い感じの言葉ばかりですみません。
重く言うのもなんですし。
ではまた。
2018/02/01 11:17 PM posted by: 月ノヒカリ
虎猫さん、はじめまして。
パームファンの方に来ていただけて嬉しいです。
私も、パームの完結はこの目で見届けたいです。

いろいろとアドバイス、ありがとうございます。
私自身アトピーやら何やらで病歴は長いので、健康情報はそれなりに接しているつもりですが、「パウダルコ」というのは初めて聞きました。
無理なくできる健康法、取り入れていきたいです。

虎猫さんも健やかに毎日を過ごされますように。
コメントありがとうございました。
2018/02/01 11:18 PM posted by: 月ノヒカリ
ヒツジさん、お久しぶりです。
えっと、誤解を招く書き方だったかもしれませんが、私は治験に参加しているのではなく、すでに正式リリースされた新薬を使っています。が、なにぶん出たばかりの薬なので、先生方も手探りなんでしょうね。勝手に減量するとかはできなくて、添付文書通りの使い方をするしかなさそうです。

お気づかい、ありがとうございます。
ヒツジさんもできるだけお元気に毎日を過ごされますよう、お祈りしています。
2018/02/01 11:23 PM posted by: 月ノヒカリ
雪月さん、こんばんは。
ご心配をおかけしてスミマセン(汗)
こんなに血液系の副作用が重いとは予想外で、体がだるいのも、そのせいだったのかもしれません。
次の診察のとき、皮膚の副作用のことも、主治医に尋ねてみようと思います。

外来化学療法室は、大きめの病院にはあるのかも。
私の通っている病院では、初回治療の2004年のときは無くて、空いてる部屋の空いてるベットで抗がん剤の点滴を入れて……まるで野戦病院か、というのは大げさかな? とにかく落ち着かなかったのですが、今は化学療法室でゆったり、専門の看護師さんもいて、昔よりずいぶん快適になりました。

一昨年、骨転移の治療の注射を始める前にも、薬剤師さんから、とても丁寧に注意事項を説明していただけたし、今回も薬のことをいろいろ相談できて、本当にありがたかったです。
もちろん一番頼りにしているのは主治医の先生ですが、限られた診察時間ではなかなか聞けないこともあるので、他にも信頼できる相談先があるのは、嬉しいですね。

チョコレート祭りは……やっぱり人ごみがネックですね。インフルエンザ流行ってるみたいですし。

いつもお気づかい、ありがとうございます。
雪月さんも、風邪などひかぬよう、お身体を大切になさってくださいね。
2018/02/02 6:27 PM posted by: ヒツジ
ごめんなさいー!自分が治験やったからって勝手に重ね合わせて勘違いしましたー
さすがにちゃんと承認された薬でないと安心できないですよね。
新薬、良く効きますように。

お気遣いいただき、こちらこそありがとうございます。
2018/02/03 10:51 PM posted by: 月ノヒカリ
ヒツジさん、こんばんは。
かえってお気づかいさせてしまったようで、スミマセン。
治験は、場合によっては参加してもいいとは思うんですが、乳がんは薬の選択肢はそこそこあるので(だいたい副作用の強い抗がん剤ですが…)、今ある薬でもやっていけるかな、と。
ではでは、ヒツジさんも風邪などひかれませんよう、お元気でお過ごしください。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://newmoon555.jugem.jp/trackback/542
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM