2020.06.22 Monday 19:50
自分が死ぬという実感が湧かない。
肝臓の数値が見たことのない高値を更新して、今や死を想わない日は一日もないのだけれども、それでもまだ実感は湧かない。
だから、身辺整理だの終活だのには程遠く、今日も積読本が溢れかえる部屋にいる。

それはそれとして。
連絡が途絶えた友人って、いないだろうか。

学生時代の友人で、今はもう連絡を取っていない人はいるけど、それは「お互い何となく年賀状を送らなくなった」という自然消滅だ。

そうではなくて、定期的に会っていたものの、ある時期から、メールを送ってもうんともすんとも反応がない。そういう友人がいる。
もっと親しければ、電話してみたり、自宅に様子を見に行ったりしたのかもしれないけど、あいにくそこまで親しくないので、そのままになっている。

なんでこんなことを書くかというと。
自分がこの先「連絡が途絶えた人」になる可能性があるから、だ。

がんが肝臓と骨に転移して、自分の生命を脅かしている、ということは、このブログに書いてきた。
だから、このブログを読んでくださっている方々には、最後にお別れを言う余裕があるかどうかはわからないけど、更新が途絶えたら察してくれるだろう、と思っている。

同じように、病気のことを伝えている数少ない知人、あるいは病気つながりの友達(がん友)については、最後にお別れを伝える余裕があるかわからないけど、連絡が取れなくなったときは察してくれるだろう。

問題は、病気のことを伝えていない知人である。
私がある日突然、「連絡が取れない人」になったら、どう思われるんだろう?

新型コロナ以降の外出自粛があって、リアルに会う機会はなくなったけれども、かえってオンラインのつながりが強化された、そういう知人がいる。
彼らに病気のことを伝えるべきか、伝えるとしたらいつ、誰に、どういう形で言うべきか。ここしばらく悩んでいる。

できればギリギリまで伝えたくない。
変に気を遣ってほしくないから。

そういう意味では、病気つながりの人たちとの付き合いは気楽だ。
もしかしたら気を遣わせてしまっているのかもしれないけど、長年がん患者をやっていれば、がんが転移して亡くなった知人は何人もいるし、自分もその一人に過ぎない。

ちょっと話はそれるけど、ケアについての本を読むと、「傾聴」とか「共感的に聴く」ということが推奨されている。受け答えの仕方について、マニュアルめいたものがあったりもする。
私がかかっている病院でも、看護師さんたちはとても親切で、よく話を聴いてくれる存在だ。

でもそれ以上に、同じ病気を経験している友人知人とのつながりは、精神的な支えになってくれている、と感じる。
「実は病院でこんなことがあって〜」
「あるある〜私も〜」
と、世間話をする感覚で話したことに、ごく自然に共感される。この癒し効果はすごい。
「共感的に聴く」ことは、「本物の共感」には敵わないんだなあ、としみじみ思うのだ。

ともあれ、転移したがんの患者が死ぬことは、よくあることだし、自然なことだ。
がん友なら、そう思ってくれるだろう。


で、話は戻るけれども、がんの転移について伝えていない人たちに、それを伝えるべきなんだろうか?
今ではないとしても、もっと危なくなった時点で、ひとこと言った方がいいのだろうか。
それとも、何も言わずに消える?

こんな感じで、ずっと答えが出せないでいる。


ここまで読んでくださった奇特な方へ。
「早めに言った方がいい」「ギリギリまで伝えない方がいい」「何も言わない方がいい」etc.……何かご意見やアイデアがありましたら、コメントや拍手コメント等で教えていただけるとたいへん嬉しいです。






| ●月ノヒカリ● | 病気 | comments(8) | - |
2020.09.12 Saturday 19:50
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2020/06/22 9:22 PM posted by: iいーよこ
はじめまして。
定期的に拝見させていただいてます。
私は早く伝えるべきだと思います。
何故なら私なら早く伝えて欲しいから。それだけです。
そして少しでも沢山その人との出来事や共に過ごした時間を思い出したいから。私はそう感じています。
2020/06/23 11:06 AM posted by: 雪月
ヒカリさん、こんにちは。
病気を伝えるって難しいですね。
いつどのタイミングで言うのがよいのかは何とも言えませんが、私は伝えておいた方がよいかと思います。
オンラインでつながりが強化された方々にはとくに。

私の経験で、病気のことではないので参考にならないかもですが、専門学校を中退するときに周りの仲の良い友人たちにも何も相談せず、けっこう直前になって伝えたら泣かれました。「相談もしてくれなかった」と。
私はそれまでは「人に言っても(相談とかしても)結局自分で決めることだから言わない」という考え方だったんです。
今でも相談だとかは苦手なのですが・・・。

あと、病気の面では、とある事情で数年前に2人の友人に話さなければならないことになりましてぶっちゃけました。
その後はたしかに気を遣わせてしまっていると感じますが、話しておいた方が何かあった時に納得してもらえるというか、少しでもわかってもらえるのかなって思ってます。自分勝手かなとも思いましたが(私の場合)。

ご友人の方々がヒカリさんの病状を今のうちに知ったらやはり気を遣ってしまうかもしれませんが、後になって知るよりは心持ちが違うというか・・・、言ってくれてありがとうって思うんではないかな。

うーん。うまく言えなくてごめんなさい(;・∀・)
ではまた〜
2020/06/23 8:46 PM posted by: 月ノヒカリ
iいーよこさん、はじめまして。
ご意見ありがとうございます。
「早めに伝えてほしい」というコメントは他にもいただき、受け取る側からすればそうなのかもしれない、と考えさせられました。
ただ、病気について伝えていない知人でも、今の私にとっては大切な人間関係で、もし病気のことを告げて気まずくなったら……と考えると、躊躇してしまうんですね。
でも、ご意見は参考にさせていただきますね。
コメントありがとうございました。
2020/06/23 8:48 PM posted by: 月ノヒカリ
雪月さん、こんばんは。
実体験を教えてくださってありがとうございます。
雪月さんも「伝えておいたほうがいい」というお考えなんですね。

「相談が苦手」は私もです。「がん患者相談室」みたいなところで相談するのはできるのですが、もっと近しい人に相談するのは、かえって苦手ですね。

今オンラインでつながりが強化された人たちとは、長い人で4年ちょっとの付き合いでしょうか。
ただ、リアルに会う機会があるなら、「自分が急に体調が悪くなったときのために伝えておこう」と思えるのですが、このままオンラインのみでの付き合いが続くなら、「いざという時」のことを考える必要もないのでは? という思いもあり。

あと、オンラインつながりの人たちとの会話は、今の自分にとっていい体験になっているのですが、病気を伝えて気を遣わせてしまうと、会話の性質が変わってしまうのではないか? という懸念もあって。
すいません、ぼんやりした説明しかできなくて。

でも、お話、参考にさせていただきますね!
今すぐにではないけど、いずれ何らかの形で伝えようかな、と思い始めています。
コメントありがとうございました。今後ともヨロシクです。
2020/06/25 12:28 PM posted by: 通りすがり男
時々見させていただいています。

私の場合は、ステージ3で経過観察中ですが、結局家族と会社の上司(治療時に放射線治療のため連続で午前休などで迷惑をかけるため)ぐらいだけで、他の知り合いなどには伝えずじまいです。

それほど、親密な人がいないせいだとは思います。現状は大丈夫なのですが、仮に悪化して仕事ができなくなったりした時には、理由は知り合いに伝えるかもしれません。(やっぱり迷惑をかけるからかもですが・・・。)
2020/06/25 3:11 PM posted by: 月ノヒカリ
通りすがり男さん、ご意見ありがとうございます。
病気を伝えるかどうかについては、やはり「迷惑をかける可能性があるかどうか」が分岐点になるのかな、と思いました。

迷惑をかける可能性がある知人にはすでに伝えてあるので、「おそらく迷惑をかけることはないだろうけど、そこそこ交流のある人たち」に知らせるべきかどうか? やはり迷います。

ですが、ご意見は参考にさせていただきますね。
コメントありがとうございました。
2020/06/26 1:23 PM posted by: ヒツジ
お久しぶりです。

記事とコメント欄を見ました。

確かに、私が友人の立場なら「伝えて欲しい」と思う気がするんです。でも、迷惑がかからないであろう友人がいて、その友人とのいつも通りの会話を大切にしたいなら、伝えなくてもいいのではないでしょうか?

早く伝えても、対応がほぼ変わらない人もいるでしょうし、逆に極端に心配してしまう人もいる気がします。後者のような人が悪い、という訳ではないですし、普通に考えたらそういう反応は多少はありますよね。
もし伝えてから、会話が本質的に変わってしまって、月ノヒカリさんが後悔するようになったら、良くない気がします。

私は以前から、人に無駄に気を遣ってしまうのが常でしたが(とはいっても正しい気づかいはできていない)、最近は時折自分中心の行動および気の持ちようを心掛けるようにしています。

ヒカリさん、周りよりも自分の事を考えて行動する、というので良いではないですか?
そして「今話しておかないと自分が後悔する!」となった時に伝える、というので構わない気がしました。そのタイミングも難しいかもしれないですが・・・
2020/06/26 8:53 PM posted by: 月ノヒカリ
ヒツジさん、お久しぶりです。
コメント欄のやりとりまで読んでいただいた上で、考えてくださってありがとうございます。

皆さんからのご意見を拝見しても、「自分だったら伝えてほしい」と、友人の立場で考えておられる方が多かったように思います。
一方、私としては、ヒツジさんのおっしゃる通り、「友人とのいつも通りの会話を大切にしたい(友人が気を遣って会話がスムーズにできなくなるのが嫌)」と思ってしまうんですね。

>もし伝えてから、会話が本質的に変わってしまって、月ノヒカリさんが後悔するようになったら……

私が気にしているのも、(自己中な理由ではありますが)まさにこれです。
ヒツジさん、「エスパーか?」と思うくらい、正確に状況を分析しておられて、すごいと思いました。
いつも通りの会話ができるうちはそれを楽しんで、それすらできなくなった時には、一言告げるのがいいのかな、と思いました。

的確なご意見、ありがとうございました。
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
note 瑞木理央
https://note.com/waterfield5
(自作短歌置き場です)
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM