2020.06.26 Friday 20:48
前回のエントリに書いた、「知人に病気のことを告げるべきか?」問題について、各方面からコメントをいただきました。体験談や助言をくださった皆様、本当にありがとうございました。

「伝えた方がいい」という意見が多かったですが、一方で当事者の方には別の思いがあるようで、一筋縄ではいかない問題だと改めて感じました。
病気のことをまだ伝えていない知人に、すぐに伝える決心はつきませんが、いずれ何らかの形で伝えようと考えています。まあ、まだもう少し時間は残されていると思いたいのですが。


あと、先月のブログエントリで触れた、がんの遺伝子パネル検査について。
先月末に結果を知らされて、落ち着いたらブログでも報告するつもりでした。ですが、いろいろ話は動き始めていて、なかなか落ち着かないので、まだブログには書けずにいます。
とりあえず、今も治療は続けています。

遺伝子パネル検査、私がかかっている病院ではすんなり申し込みできたので、気軽な気持ちで受けてしまいました。検体は過去の手術で摘出したものだし、自分にとっては、(検査費用がかかること以外には)それほど負担はなかったので。ですが、一般的には、まだまだレアな検査らしく、ブログにどこまで書いていいものか、迷いもあります。

将来的には、遺伝子検査もゲノム医療も、もっともっとポピュラーなものになっていくのでしょう。
先進国に住む我々は、一生に一度は「全DNAを読まれる」時代が来る、という話も聞いたことがあります。

自分はその恩恵を受けられるかどうかわかりませんが、今回の検査のデータは、今後の研究に生かされるよう願っています。






| ●月ノヒカリ● | 病気 | comments(0) | - |
2020.09.12 Saturday 20:48
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
note 瑞木理央
https://note.com/waterfield5
(自作短歌置き場です)
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM