2017.01.03 Tuesday 22:57
あけましておめでとうございます。

新年早々、太りました。
おせちとお餅のせいです。きっと。
まあでも、昨年の癌の再発以来、体重が減り気味だったので、「元に戻った」という感じです。これ以上増えないよう、現状キープすれば大丈夫、なはずです。

で、新年の抱負ですね。
今年は、短歌やりたいです。

去年の年明けには、「当事者研究やりたい」と書いて、あっさり挫折しちゃったので、こういうことをブログで宣言するのってどうなんだろう? と思わないでもないのですが。

ただ、昨年の夏、癌の再発(遠隔転移)がわかって、基本的に完治は望めない状況で、あと何年生きられるんだろうなあ、とか考えたときにですね、短歌を作ることなら、最後まで続けられるかもしれない、などと思ったんですね。
この先どうなるかわからないけど、短歌を作り続けることができれば、そのことが心の支えになってくれるかもしれない、と。

私は短歌が好きです。いや、ちゃんとした歌人の方々に比べればヒヨコレベルですが、でも好きは好きです。
どのくらい好きかというと、短歌を「趣味」と言われると、イラッとするくらいには、好きです。
私にとって短歌は、職業でもなければ副業でもないけど、かといって「趣味」でもないよな、と思ってます。

ヨガも同じですね。
私は無趣味な人間なので、「趣味はなんですか?」と訊かれたときには、仕方なく「ヨガ」と答えることもありますが、ヨガって趣味じゃないよなあ、と思います。
あれは「生き方」のようなものです。
でも私は修行が足りてないので、ぜんぜんヨガ的な生き方ができていない、というだけで。

同じように、私にとって短歌とは何か? と問われれば、それは「生き方、のようなもの」だと答えます。
短歌を作るとき、どうしてもそこに作り手の「生き方」がにじみ出てしまう。そういうものじゃないかと。

「私にとって短歌とは何か」とか「短歌を通じて何がしたいのか」とか「短歌は何のために存在するのか」ということは、その時々で揺れつつ変化しつつも、自分なりに考え続けてきたのですが。
それについては、ここに書くべきことではないと思うので、今は書きません。

もう一つ、「誰に短歌を読んでほしいか?」という問いについて。
私は、私の短歌を、「このブログを読んでくれている人たち」に読んでほしいです。

いや、おそらく、数少ない当ブログの読者の方々は、私の作った短歌なんて求めていないだろう、とは思うんです。
でも、私がブログやツイッターで発表してきた短歌は、過去の私のネット活動の延長線上にある表現、みたいなんですよね。
だから、今から実名で、あるいは別のペンネームで、新たに作歌を始めるというのは、ちょっと考えにくいのです。

今こう書いても、自分の考えてることなんて、一ヶ月後にはコロッと変わる可能性もありますから、先のことはわからないですけど。

あとどのくらいの時間が自分に残されているかわからないけど、だからこそワガママに、やりたいことはやっておきたいし、好きでやってることだからこそ、妥協はしたくない。

と言いつつ、このブログではこれまで通り、寄り道したり、くだらないネタを書き散らしたり、ときにはちょっと真面目に考えたりも、できたらいいな、と思います。

拍手コメントでご挨拶くださった方、ありがとうございます。
個別にレスできなくてすみません。

2017年が皆様にとって、楽しい一年になりますように。






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
2016.07.17 Sunday 15:18
これまでブログやツイッターを通じてお付き合いくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。
とても嬉しかったし、すごく励みになりました。

でも、癌の再発以来、どうしてもナーバスになってしまって、ネットにつながることでしんどくなることが増えました。
このブログでのコメントのやりとり、ツイッターのフォロワーさんとのやりとりで、励まされたことはたくさんあったのですが、ネットに接続するとどうしても、見たくない情報まで受け取ることになってしまうんですね。
今の自分の心身の状態を考えると、しばらくネットから離れた方がいいかな、と判断しました。

また、気持ちが落ち着いたときに、更新を再開しようと思います。
ご心配をおかけして申し訳ありません。

ツイッターは鍵をかけましたが、フォロワーさんとのリプやDMのやり取りはできる状態ですし、このブログのコメント欄、拍手コメントも書き込める状態にしてあります。レスは遅れるかもしれませんが、「まったく連絡が取れない状態」ではないので、ご心配はなさらないでくださいね。

ではまたいつか、皆様と元気にお会いできますように。






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
2016.02.14 Sunday 00:03
更新が滞ってしまいスミマセン。
先日、リアルに「人と会う」修行をしてきたのですが、えー、予想してたよりずっとヘビーな修行体験となりました……。本っ当に疲れ果てましたー。ぜーはー。

さて、皆さんから拍手コメントで送っていただいた「なぜ人に会いたくないのか?」についての当事者研究、これからまた順次UPしていく予定です。

が、その前にちょっとお願い。
2月5日に拍手コメントで、「まだ多くの人とそこまで共有できないので今回はレス不要にさせてもらいます」と前置きして「人に会いたくない」当事者研究を送られた方に。
この当事者研究、公開しませんか? というお願いです。
なんでかっていうと、そのコメントに書かれていた内容がね、私が「人に会っても楽しくない」と感じていた理由とまったく同じじゃないか、と感じてしまったからです。率直に言うと、めちゃくちゃ共感しました。

だから、非公開なのはもったいないなーと思ったんです。
「ハンドルネームは伏せて公開」ということもできますし、もし嫌でなければ、ブログに公開させてほしいです。 もちろん無理にとは言いませんが。

コメントの公開を希望されなかった場合、私自身がいずれ同じような内容のことをブログに書くかもしれません。っていうか、実は書く予定でした。

つまり、今回送られた当事者研究については、「多くの人と共有できない」としても、少なくともブログ主とはある程度共有できている、みたいなんです。
・・・ってことは、あなたの書いた当事者研究を公開すれば、読んで共感される方が他にいてもおかしくない、と思うんですよね。他の皆さんと共有する価値がある、と私は思うんです。

というわけで、2月5日にコメントくださった方、ここ読んでくださってたら、お手数ですが、もう一回拍手コメントで、当事者研究公開の是非についてご連絡いただけると嬉しいです。「ハンドルネームを伏せて公開」も可能です。
もちろん無理強いはしません。「やっぱり公開してほしくない」と思われるなら、そのお気持ちは尊重します。

ただ、公開を希望されないとしても、あのコメントに書かれていたことと同じような気持ちを、ずっと私自身も抱いてきたということは、お伝えしておきたいと思いました。

当事者研究については、コメントいただいた順番に公開していくつもりなので、公開するとしても、当分先の話になりますが……ちょっと考えておいていただけると嬉しいです。よろしくお願いしますー。ぺこり。

←拍手はこちら〜




| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015.12.18 Friday 23:00
すっかり寒くなりましたねー。
ぼんやりしてるうちに今年が終わりそうな勢いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
特にリアル生活で楽しいイベントがあるわけでもないヒキコモリですが、年末はなぜかバタバタしている月ノヒカリです。
私は骨付きチキンとケーキを数日前に食べてしまい、クリスマスはもう終了しました。あとは冬至に南瓜を、大晦日には年越し蕎麦を食べる予定です。

本当は、拍手レスか本の感想でもUPしたかったのですが、まったく準備ができていないので、今回は小ネタを。
つい最近知った衝撃の事実について書くことにします。

えっと、実は私、クレジットカード持ってないんです。

厳密に言うと、若い頃、クレカを持っていた時代もあったのですが……クレカでの支払いが好きではなかった(いくら使ったかわからなくなりそうで怖かった)のと、年会費がもったいないと思って、無職になったときに解約してしまいました。

それでもまあ、さほど不自由は感じていなかったのです。海外に行くわけでもないし、ネット通販もたいていクレカ以外の支払い方法があるし。Amazonマーケットプレイスでのお買い物も、今はコンビニでギフト券を購入すればOKだし。

てなわけで、べつにクレジットカードなんて、なくてもいいやって思ってたんですけど。
意外なところに落とし穴があったんです。

例えば、ネット通販の後払いサービスとか、ソフトバンクの携帯電話割賦販売までも、審査で撥ねられたんです。
審査に通らない理由としては、「過去に料金の未納や延滞がある場合」と説明されたのですが……実は私、今までの人生で一度も、各種料金の延滞や未納って、経験したことがないんですよ。

延滞とか未納とか、過去にまったく身に覚えがなくても、審査に通らないってどうして?
――などと尋ねても、理由は教えてもらえません。
ずっと釈然としない思いを抱えていたのですが、つい最近ネットで検索してたら、腑に落ちることがあったんです。

えっと、「クレジットヒストリー」って言葉、ご存じでしょうか。
これまでのクレジットカードの使用履歴、支払い履歴のことです。

で、この「クレジットヒストリー」というの、過去に何らかの支払い遅延や未払いがあると、信用情報に傷がつく、というのは、まあ理解できます。
でもそれだけじゃなく、ある程度の年齢で「クレジットヒストリーがない」、つまり「クレジットカードを使用した形跡がない」というのも、実は信用情報を損なっているようなのです。そして「ある程度の年齢」というのは、30歳以上のことらしい。

つまり、過去に延滞とか未納とか、全くしたことなくても、30歳以上でクレジットカードの利用歴がなければ、信用情報上はアウトだということです。「いつもニコニコ現金払い」で、借金も延滞もしたことがない真面目人間でも、クレジットカードを使っていなければ「信用がない」とみなされるのが、現代社会のようです。いやーびっくりですね。
そういう、クレカを持たず借金も遅延もしたことがない超真面目層は、「スーパーホワイト」と呼ばれているらしい。クレジットヒストリーの欄が真っ白だから。そして「スーパーホワイト」は、信用情報上は「ブラック」と同じ扱いらしいのです。し、知らなかったわー。

えっと、こういうこと、普通の人は知ってるものなんでしょうか? 私がよっぽど世間知らずなの?

ただ、ここまでに書いたことは、ネットの情報を元にした憶測に過ぎません。
もしかしたら自分が無職であることとか、あるいは精神科に通院していることが、信用情報に傷をつけているのかもしれませんが……でも、そういうことが信用情報に記載されているのだとしたら、それはそれで不気味ですね……。

ということで、今の時代に「信用」を得ようと思うなら、20代のうちにクレジットカードを作っておいて、定期的に使って「クレジットヒストリー」を積み上げておく必要があるようです。そうしないと、後々ローンとか携帯電話の分割払い、あるいはネット通販の後払いサービスを利用できなくなる、というデメリットがあるわけです。
もし、かつての私のように、クレジットカードで買い物することに不安がある人は、毎月の携帯料金をクレカから引き落とすようにすればいいんじゃないかと。

まあどうでもいい話かもしれませんが、もしかしたら前途ある若人の皆さんの参考になるかもと思い、書いてみました。
私はもう今更クレカを取得するのは無理っぽいので、諦めてこれからもスーパーホワイトな人生を送ることにします。

スーパーホワイト。それは真冬の雪の色。雪あかりは夜の闇を照らし、夜明けとともに、銀白色に煌めく世界へと私たちを誘う。そんな純白の雪のように、仄かな光を内に湛えつつ、私も生きていきたい。
なんつって。

それでは、非モテ・友達いない・金もないと三拍子揃ったダメダメ星人の同胞たちよ、独りでも楽しいクリスマスを!






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(6) | trackbacks(0) |
2015.10.16 Friday 22:59
日暮れどきに空を見上げたら、西の空に三日月が浮かんでたので、写真を撮ってみました。
三日月
ただの三日月なら珍しくもなんともないのですが、月の欠けて暗くなっている部分がうっすらと見えるの、わかります?
これ、「地球照」というのだそうです。
太陽光が地球で反射して、その照り返しが月面に届いてるんですね。
この現象は、新月前後にしか見られないとのこと。

そんでもって、新月の頃、月から地球を見たら、明るい満月ならぬ「満地球」が見えるのだそうです。月から見た地球って、アニメ「FREEDOM」にも登場するんだけど、あのシーンは本当に、息を呑むほど美しくて、胸が震えましたね。

それから、月の左側にポツンと写ってる小さな星は、どうやら土星のようです(参照:アストロアーツ 2015年10月16日 細い月と土星が接近)。土星って、実際に見たのは初めてかも。
手持ちの安物デジカメでは、土星の環まで写すことができないのは残念ですが……とにもかくにも珍しいものを観測できて、満足です☆



 三日月の欠けた部分を照らしてる地球の光のぼくらは一部

ついさっき即席でつくった短歌なので、これが完成形となるかはわかりませんが、載せておきます。




| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
←新しい記事 2/22 pages 古い記事→
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM