2017.03.09 Thursday 21:23
えっと、ここしばらく体調が悪くて、ネットから離れてました。とある方に相談したら、「ネットから離れたほうがいい」というアドバイスを受けまして、確かにそうかもしれないなあと。

でも短歌は、ネットなしでもつくれないわけじゃないし、まあボチボチやっていこうと思います。
といっても私は、競争社会から落ちこぼれた人間で、もう二度とそこには戻りたくないので、短歌にしても、もう本当に細々と続けて、死ぬまでに幾つかいい作品ができたらいいなあくらいの、ゆるーい感じでマターリやっていきたいです。

で、改めて考えてみて、やっぱり短歌用の別ブログを作ったほうがいいのかな、と。
このブログは、トンデモネタとかヘンテコ企画とか何でもありでやってきたので、それとは別に、淡々と短歌を発表する場があってもいいかもしれない。
短歌用のペンネームはもう考えてあって、短歌ブログではそちらのペンネームでやっていこうかな、と。

あと、それとは別に、拍手コメント等で励ましの言葉をくださった方に、以前はブログ上でレスしていたのですが、癌の再発以降はそれも難しくなって、レスをサボってる状況で。
でもブログ主としては、応援メッセージをくださった方に、なんらかのレスポンスをしたいという気持ちはあるのです。 それについてもちょっと考えていることがあって、また後日発表します。

とりあえず今回は、お知らせだけ。
体調が戻るまで、もうしばらくネットはお休みします。






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
2017.02.02 Thursday 22:36
えっと、年明けに「今年は短歌やります!」と威勢よく宣言したのですが、さっそく挫折しました……。
理由はですね、どうも自分が思っているよりも、このブログとツイッターが、注目を浴びてる気がするからです。

前々から、月ノヒカリのツイッターをフォロー外から覗きに来る人がいるっぽいなーとは感じていたんですよ。
でもそんな物好きは、多くてもせいぜい12〜3人くらいだろうし、まあいっか、と流してたんですけど……今はそうも言ってられないような……。

といっても、もしかして、このブログやツイッターが「注目されている気がする」のは、例の精神病的な妄想かしら? という疑念も拭えないのですが。

メンタルこじらせてる人へのよくあるアドバイスに、こんなのがあるんですよ。
「自分が思っているほど、他人はあなたのことを気にしていない。これがわかれば楽になる」
このブログのコメント欄にも書き込まれたことがあります。私わりとそれ、真に受けてたんですよ。
ここはアクセス数の少ない過疎ブログだし、ツイッターもフォロワー数三百人台ならたいして多くないし――と思って、のびのびやってたですよ。
と言いつつ、やっぱり炎上は怖いので、あまり変なことを口走らないよう、気をつけてきたつもり、なんですけど……。

どうも、自分が思ってたより多人数に見られてるっぽいんですよね。特に短歌界隈。
いや、その「見られている」というのも、例の精神病の妄想である可能性は否定できないんですけど。

このブログで短歌を発表するのはお休みして、もっと落ち着いて短歌と付き合える場所を探したほうがいいのかしら? と考え込んでしまいました。

本格的に短歌やってる人は、結社とかに入る人が多いんですけど、あれよくわからなかったんですよ、私には。
だって、ブログやツイッターで短歌を発表するのは「タダで」できるのに、結社とか入ると「お金を払って」短歌を発表することになるんです。
それ、私にどういうメリットがあるんだろう?

よくわからなかったんですけど、もしかしてそれは「悪目立ちせず、落ち着いた環境で作品を発表できる」というメリットがあるのかな、と思い至りまして。

まあ確かに、昨今のネットでヘタに目立つと、叩かれるリスクが増えるばっかりで、何にもいいことないですし。
私もネット歴が長いので、「実力が伴わないのに注目されるのって最悪だ」ということもわかってますし。

私はもっとのんびりマイペースでやりたいので、短歌を発表する場所を他所に探したほうがいいのかなあと。
でもやっぱり、「このブログを読んでくれている人が、私の短歌を見てくれたら嬉しい」という気持ちはあって、すでに発表したい短歌もつくってあったんですけど……どうしよう。どうすればいいんだろう。

今つくってる短歌って、今しか発表できない気もするんですよね。
来年になったら、今の自分の短歌は、自分の中で賞味期限切れになってる可能性もある。だったら、気が変わらないうちに、ブログで発表したほうがいいのかなあ、とか。

自分でもまだ答えが出てないんですけど、「困ってることは言語化して、表に出したほうがいい」とよく言われるので、ここに書いてみます。
何かアドバイスがありましたら、コメントいただけると嬉しいです!






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(12) | trackbacks(0) |
2017.01.03 Tuesday 22:57
あけましておめでとうございます。

新年早々、太りました。
おせちとお餅のせいです。きっと。
まあでも、昨年の癌の再発以来、体重が減り気味だったので、「元に戻った」という感じです。これ以上増えないよう、現状キープすれば大丈夫、なはずです。

で、新年の抱負ですね。
今年は、短歌やりたいです。

去年の年明けには、「当事者研究やりたい」と書いて、あっさり挫折しちゃったので、こういうことをブログで宣言するのってどうなんだろう? と思わないでもないのですが。

ただ、昨年の夏、癌の再発(遠隔転移)がわかって、基本的に完治は望めない状況で、あと何年生きられるんだろうなあ、とか考えたときにですね、短歌を作ることなら、最後まで続けられるかもしれない、などと思ったんですね。
この先どうなるかわからないけど、短歌を作り続けることができれば、そのことが心の支えになってくれるかもしれない、と。

私は短歌が好きです。いや、ちゃんとした歌人の方々に比べればヒヨコレベルですが、でも好きは好きです。
どのくらい好きかというと、短歌を「趣味」と言われると、イラッとするくらいには、好きです。
私にとって短歌は、職業でもなければ副業でもないけど、かといって「趣味」でもないよな、と思ってます。

ヨガも同じですね。
私は無趣味な人間なので、「趣味はなんですか?」と訊かれたときには、仕方なく「ヨガ」と答えることもありますが、ヨガって趣味じゃないよなあ、と思います。
あれは「生き方」のようなものです。
でも私は修行が足りてないので、ぜんぜんヨガ的な生き方ができていない、というだけで。

同じように、私にとって短歌とは何か? と問われれば、それは「生き方、のようなもの」だと答えます。
短歌を作るとき、どうしてもそこに作り手の「生き方」がにじみ出てしまう。そういうものじゃないかと。

「私にとって短歌とは何か」とか「短歌を通じて何がしたいのか」とか「短歌は何のために存在するのか」ということは、その時々で揺れつつ変化しつつも、自分なりに考え続けてきたのですが。
それについては、ここに書くべきことではないと思うので、今は書きません。

もう一つ、「誰に短歌を読んでほしいか?」という問いについて。
私は、私の短歌を、「このブログを読んでくれている人たち」に読んでほしいです。

いや、おそらく、数少ない当ブログの読者の方々は、私の作った短歌なんて求めていないだろう、とは思うんです。
でも、私がブログやツイッターで発表してきた短歌は、過去の私のネット活動の延長線上にある表現、みたいなんですよね。
だから、今から実名で、あるいは別のペンネームで、新たに作歌を始めるというのは、ちょっと考えにくいのです。

今こう書いても、自分の考えてることなんて、一ヶ月後にはコロッと変わる可能性もありますから、先のことはわからないですけど。

あとどのくらいの時間が自分に残されているかわからないけど、だからこそワガママに、やりたいことはやっておきたいし、好きでやってることだからこそ、妥協はしたくない。

と言いつつ、このブログではこれまで通り、寄り道したり、くだらないネタを書き散らしたり、ときにはちょっと真面目に考えたりも、できたらいいな、と思います。

拍手コメントでご挨拶くださった方、ありがとうございます。
個別にレスできなくてすみません。

2017年が皆様にとって、楽しい一年になりますように。






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
2016.07.17 Sunday 15:18
これまでブログやツイッターを通じてお付き合いくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。
とても嬉しかったし、すごく励みになりました。

でも、癌の再発以来、どうしてもナーバスになってしまって、ネットにつながることでしんどくなることが増えました。
このブログでのコメントのやりとり、ツイッターのフォロワーさんとのやりとりで、励まされたことはたくさんあったのですが、ネットに接続するとどうしても、見たくない情報まで受け取ることになってしまうんですね。
今の自分の心身の状態を考えると、しばらくネットから離れた方がいいかな、と判断しました。

また、気持ちが落ち着いたときに、更新を再開しようと思います。
ご心配をおかけして申し訳ありません。

ツイッターは鍵をかけましたが、フォロワーさんとのリプやDMのやり取りはできる状態ですし、このブログのコメント欄、拍手コメントも書き込める状態にしてあります。レスは遅れるかもしれませんが、「まったく連絡が取れない状態」ではないので、ご心配はなさらないでくださいね。

ではまたいつか、皆様と元気にお会いできますように。






| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(2) | trackbacks(0) |
2016.02.14 Sunday 00:03
更新が滞ってしまいスミマセン。
先日、リアルに「人と会う」修行をしてきたのですが、えー、予想してたよりずっとヘビーな修行体験となりました……。本っ当に疲れ果てましたー。ぜーはー。

さて、皆さんから拍手コメントで送っていただいた「なぜ人に会いたくないのか?」についての当事者研究、これからまた順次UPしていく予定です。

が、その前にちょっとお願い。
2月5日に拍手コメントで、「まだ多くの人とそこまで共有できないので今回はレス不要にさせてもらいます」と前置きして「人に会いたくない」当事者研究を送られた方に。
この当事者研究、公開しませんか? というお願いです。
なんでかっていうと、そのコメントに書かれていた内容がね、私が「人に会っても楽しくない」と感じていた理由とまったく同じじゃないか、と感じてしまったからです。率直に言うと、めちゃくちゃ共感しました。

だから、非公開なのはもったいないなーと思ったんです。
「ハンドルネームは伏せて公開」ということもできますし、もし嫌でなければ、ブログに公開させてほしいです。 もちろん無理にとは言いませんが。

コメントの公開を希望されなかった場合、私自身がいずれ同じような内容のことをブログに書くかもしれません。っていうか、実は書く予定でした。

つまり、今回送られた当事者研究については、「多くの人と共有できない」としても、少なくともブログ主とはある程度共有できている、みたいなんです。
・・・ってことは、あなたの書いた当事者研究を公開すれば、読んで共感される方が他にいてもおかしくない、と思うんですよね。他の皆さんと共有する価値がある、と私は思うんです。

というわけで、2月5日にコメントくださった方、ここ読んでくださってたら、お手数ですが、もう一回拍手コメントで、当事者研究公開の是非についてご連絡いただけると嬉しいです。「ハンドルネームを伏せて公開」も可能です。
もちろん無理強いはしません。「やっぱり公開してほしくない」と思われるなら、そのお気持ちは尊重します。

ただ、公開を希望されないとしても、あのコメントに書かれていたことと同じような気持ちを、ずっと私自身も抱いてきたということは、お伝えしておきたいと思いました。

当事者研究については、コメントいただいた順番に公開していくつもりなので、公開するとしても、当分先の話になりますが……ちょっと考えておいていただけると嬉しいです。よろしくお願いしますー。ぺこり。

←拍手はこちら〜




| ●月ノヒカリ● | 日記・雑感 | comments(0) | trackbacks(0) |
←新しい記事 2/23 pages 古い記事→
Search
Profile
Category
Recommend
Recommend
私の幸福論 (ちくま文庫)
私の幸福論 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
福田 恒存
たとえ不幸のうちにあっても、私たちが「幸福である」ために
Recommend
新版・小説道場〈4〉
新版・小説道場〈4〉 (JUGEMレビュー »)
中島 梓
わが人生の師。全4巻
Recommend
敗北からの創作
敗北からの創作 (JUGEMレビュー »)
明川 哲也
9・11テロ後「敗北」した私たちにできる「創作」とは?
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Latest Entry
Archive
【WEB拍手】
応援してくれる人、拍手ポチッと押してね↓↓↓
↓ブログ主に小銭を!
Analytics
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM